大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 親族内承継か従業員か第三者か?事業承継のポイント

親族内承継か従業員か第三者か?事業承継のポイント

≪ 前へ|念願の独立!貸店舗の賃貸契約で連帯保証人がいない時はどうする?   記事一覧   中小企業社長の悩み 会社の事業承継問題とは?事業譲渡との違いは?|次へ ≫

事業承継を考える際、何を承継するか、どのように承継するかは大事なポイントです。

 

そして最も大事と言われるのが、誰に承継するかです。


親族内承継か従業員か第三者か?事業承継のポイント


親族内承継:事業承継のポイント①


誰に事業承継するか、それはこれからの事業の継続だけでなく、より発展させていく上でもとても重要なポイントです。

 

検討する順番として、親族内、従業員(MBOEBO)、そして第三者(M&A)の順が考えられますよね。

 

息子や娘を中心に、親族へと事業承継を行う親族内承継は、以前に比べて減ったとはいえ、6割以上の会社が選択しています。

 

特に、今の経営者が自社株を半数以上持つオーナー社長、特に創業者の場合は、取引先や従業員に対して、次の経営者候補が親族内からの方が、スムーズに事業承継しやすい傾向があります。

 

特にオーナー社長の子どもの場合、幼いころから働く親の背中を見て、経営ビジョンの共有がされやすいと考えられますね。

 

とはいえ、以前ほど長男・子ども優先の時代ではなくなっており、会社を経営する能力があるか、意欲があるかは大事なポイントです。

 

既に、独力で他の会社に基盤を置いていることもあるでしょう。

 

呼び寄せたとしても、すぐ事業承継、とはいかず後継者へ育てる時間も年単位で必要とされています。


企業内での承継MBO:事業承継のポイント②


会社の役員や、従業員が承継するパターンもあります。

 

MBOManagement Buy-Out)、もしくはEBOEmployee Buy-Out)と呼ばれます。

 

第三者に会社を承継するよりは、創業以来の役員や従業員へ承継したい場合に選択されます。

 

長い間経営者と共に会社を支えてきた役員、従業員であれば会社の理念や業務、事業内容の理解も深いと考えられ、事業の継続、発展が見込めます。

 

ただ事業承継には、オーナー社長の持つ株式などの資産を取得する必要がありますが、多くの場合その資金が足りず、借入に伴う個人保証を引き継ぐ必要もあります。

 

これらのポイントをクリアするため、新経営陣の描く事業の将来性などを担保に、ファンドとタイアップしたり、金融機関から融資を受けたりして対処します。

 

事業承継 親族 M&A


M&A:事業承継のポイント➂


今後の従業員の雇用や、企業のブランドなどの維持を踏まえて売却先を探す必要がありますが、オーナー社長にとっては会社売却によって利益を得られるメリットがポイントです。

 

M&A後も、ある程度の期間を定めて何らかの役職に残り、承継に係るなどの選択肢もあります。

 

希望する条件などを考え、メリット・デメリットを精査することがポイントです。


まとめ


かつては親族内承継が9割を超えていたといわれる、事業承継。

 

まだ過半数の企業がそちらを選択する一方、事業の存続・発展を目指して、MBOM&Aを選択する企業も増えています。

 

年単位で準備する必要がある事業承継、踏まえておくべきポイントも多数あります。

 

さまざまな選択肢があるため悩まれる方や、自身の判断が正しいのかお困りの方もいらっしゃると思います、

 

株式会社街くるは事業用物件探しだけでなく、事業承継のご相談も承っております。

 

何かご質問等などがあれば、お気軽にご相談下さい。

≪ 前へ|念願の独立!貸店舗の賃貸契約で連帯保証人がいない時はどうする?   記事一覧   中小企業社長の悩み 会社の事業承継問題とは?事業譲渡との違いは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る