大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 自宅の現金化?リースバックの仕組みとは何なのか?

自宅の現金化?リースバックの仕組みとは何なのか?

≪ 前へ|リースバックのトラブルで失敗しないために事前にできる対策とは   記事一覧   リースバックとリバースモーゲージの違いとはなに?|次へ ≫

皆さんは、リースバックという仕組みを聞いたことがありますか?

 

リースバックとは、自宅に住み続けたまま自宅を売却して現金を得たうえで、賃料を払って住み続けることです。

 

という訳で今回は、リースバックとはどんな仕組みなのか、またメリット・デメリットについても詳しくご説明したいと思います。


自宅の現金化?リースバックの仕組みとは何なのか?


リースバックの仕組みとは


リースバックとは、自宅を売却し売却先からその元自宅を借りる(リースする)方法です。

 

リースバックを行ってくれる不動産会社に売却するという以外は、通常の自宅を手放す売却と流れは同じです。

 

売却先を探したうえで、査定により売却価格を決定、双方が同意に至れば不動産売買契約を結び、引き渡します。

 

本来なら引き渡しと同時に新居へ移る必要がありますが、リースバックの仕組みを活用する際は賃料を払うことで、そのまま住み続けられます。


リースバックの仕組みを活用するメリットとは


売却、さらにその後は賃料を払うというリースバックの仕組みを活用するメリットとはなんでしょうか。

 

まずは、売却によってまとまった額の現金が手に入ることです。

 

それでローンを返済したり、住宅費以外の教育費や医療費、生活費などに充てたりすることもできます。

 

自宅の所有者ではなくなるため、これから固定資産税を納める義務もなくなります。

 

さらに、通常の売却とは異なり、引っ越しする必要がありません。

 

新居を探す手間もなく、家族の通勤や通学もこれまでと同様に行えますし、転校などもいりません。

 

生活圏を変えることなく、暮らし続けられるメリットがあります。

 

そして、手元資金に余裕ができれば再度物件を買い戻し、所有者に戻るという選択肢もあります。


リースバックの仕組みを活用する際のデメリットは


リースバック メリット デメリット


では、リースバックの仕組みによるデメリットとは、一体なんなのでしょうか。

 

一つは、不動産の買取価格が通常の不動産売却の周辺相場よりも23割低くなる傾向があることです。

 

不動産会社側から見ると通常の賃貸物件ではなく貸す相手が限られているリースバックの仕組みでは、買取価格を上げにくいからです。

 

それに加え、要望があれば買い戻される可能性もあるため、高利回りで収益性を上げたいという理由もあります。

 

これと同じ理由で、賃料も周辺相場より高く設定されることが多いのもデメリットです。

 

物件を所有するのではなく賃料を払う側になるため、滞納すれば当然住み続けられなくなります。

 

また、多くの場合リースバックを利用するには審査が必要です。

 

審査とは不動産会社によるもので、売却額が住宅ローン残高を上回らないと、賃料と住宅ローン返済の二重の支払いが発生することになるため、安定した賃料収入に懸念が生じます。

 

ただどのデメリットも事前の査定や賃料の提示、そして生活の見直しなどで先に計算できるものなので、仕組みを十分理解したうえでリースバックの利用を検討してみてくださいね。


まとめ


自宅を売却しながらも、引き続き賃貸物件として住み続けられるリースバック。

 

我が家の今後のライフプランを踏まえたうえで、メリット・デメリットを考えつつ、候補の一つとして考えてみるのはいかがでしょうか。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

≪ 前へ|リースバックのトラブルで失敗しないために事前にできる対策とは   記事一覧   リースバックとリバースモーゲージの違いとはなに?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る