大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > リースバックとリバースモーゲージの違いとはなに?

リースバックとリバースモーゲージの違いとはなに?

≪ 前へ|自宅の現金化?リースバックの仕組みとは何なのか?   記事一覧   nanas green tea 夏季限定|次へ ≫

自宅などの不動産を活用し、まとまった額の資金を得る手段がリースバックとリバースモーゲージです。

 

そこで今回は、それぞれの違いとメリット・デメリットをご紹介したいと思います。


リースバックとリバースモーゲージの違いとはなに?


リースバック・リバースモーゲージとは?


マイホームなどの不動産に住み続けながら、現金を得ることができるのがリースバックとリバースモーゲージです。

 

リースバックは不動産業者などにマイホームを売却した上で賃貸契約を結び、賃料(リース料)を払って借りることです。

 

売却によって所有者は不動産会社へ移りますが、引き続き同じ家に住み続けられます。

 

リバースモーゲージは、不動産を担保に金融機関や自治体からお金を借りる仕組みです。

 

建物は経年劣化するため、一般的に担保となるのは土地のみですから、マンション住まいの方は活用できないことが多いです。

 

担保の資産価値によって融資上限額が設定され、その金額まで定期的に融資を受けられます。

 

返済は、所有者が逝去後に、土地建物を売却して行います。

 

リースバックは契約時に所有者が変わって一括で現金をもらう、リバースモーゲージは所有権移転せず定期的に融資を受けるという違いがあります。


リースバックのメリット・デメリット


具体的に、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

リースバックのメリットは、同じ家に住み続けながらも住宅を売却し、まとまった資金が手に入ることです。

 

しかも、戸建てやマンションはもちろん、法人所有の物件・土地などさまざまな不動産を対象にリースバックが行えます。

 

資金の使い道も限定されていないため、住宅ローン等の返済はもちろん、教育費や医療費、事業費などさまざまな用途に利用できます。

 

さらに、手元の資金が充実してくれば、買い戻すことも可能なこともメリットです。

 

一方のデメリットはやはり、契約後に所有権が移ることと、毎月賃料を支払う必要があることでしょう。

 

自己所有物件ではなく借りているわけですから、もし賃料が滞ると退去しなければならなくなります。


リバースモーゲージのメリット・デメリット


リースバック リバースモーゲージ 所有権 資金


一方のリバースモーゲージは、融資上限額に至るまで、何度でも借りられるという利点があります。

 

また、融資時期の返済は利息のみであるのもメリットの一つです。

 

ただシニア向けの融資という仕組み上、55歳以上など年齢・所得の制限があります。

 

さらに、最後には不動産を売却する必要があるため、子どもなど将来にわたって居住する可能性が高い同居人がいる場合は、契約をしないことが多いです。

 

そして、不動産所有者の推定相続人全員の同意が必要であるなど、条件が多いことがリバースモーゲージのデメリットと言えるでしょう。

 

担保となる不動産の価値が必要であるため、都市圏などの地価が担保できる場所に限られることもデメリットでしょう。


まとめ


リースバック、リバースモーゲージともに、同じ家に住みながらも手持ち資金を得る手法です。

 

所有権が移るタイミングや、資金の受け取り方、その後の処理などに違いがありますから、ご家族の意向や各社ごとのプランなどを比較し、慎重に選んでみてくださいね。

 

株式会社街くるでは、大阪市北区のテナント・収益物件をご紹介しています。

 

不動産売却の事で何かお困りでしたら、お気軽にご相談ください!

 

 

≪ 前へ|自宅の現金化?リースバックの仕組みとは何なのか?   記事一覧   nanas green tea 夏季限定|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る