大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > フランチャイズの本部構築に必要な基本のポイントは?

フランチャイズの本部構築に必要な基本のポイントは?

≪ 前へ|店舗をフランチャイズしたい場合の展開と契約内容について   記事一覧   売上歩合方式など3種類!フランチャイズ加盟店に求めるロイヤリティとは?|次へ ≫

他社の力も借りながら、急速なスピードで多店舗展開できるのがフランチャイズの良さですが、「会社を大きくしたい」「ブランドを広めたい」といった目的だけで、無理にフランチャイズ展開を進めると、大きな失敗を招きかねません。

 

フランチャイズ展開のための本部構築をするには、最低限のノウハウを蓄積してから、適正のある人物をプロジェクトリーダーとして慎重に進めるべきです。

 

ここでは、フランチャイズ展開を進めるための本部構築に欠かせない、基本的なポイントをご紹介します。


フランチャイズの本部構築を進める前に!「3ショップ・2イヤーズルール」の意味とは?


フランチャイズの本部構築に必要な基本のポイントは?


まず、フランチャイズ展開をするためには、直営店で十分にノウハウを培った後、成功パターンや市場の動向などを検証する必要があります。

 

一般的に「十分にノウハウを培っている」と考えられるのは、いわゆる「3ショップ・2イヤーズルール」という言葉が指すとおり、「直営店を3店、2年にわたって運営している」ことが最低限のラインだといわれています。

 

これを満たしていれば、ひとまず他に教えられる最低限の事業ノウハウは持っていると一般的に考えられています。

 

この最低限の事業ノウハウを持たずに、フランチャイズ展開を進めるのは危険です。

 

近年は、市場のニーズの動きが速いため、必ずしもこの運営期間にこだわる必要はありませんが、ひとつの大きな判断材料だとは思っておきましょう。


フランチャイズ本部構築に必要な人材像とは?


フランチャイズ本部構築に必要な人材像とは?


フランチャイズの本部構築には、もちろんプロジェクトリーダーとなる人が必要です。

 

この本部構築のプロジェクトリーダーには、トップ陣と志を同じくしており、その事業に対する知識と経験が豊富であることが欠かせません。

 

それに加えて、最も必要とされるのが、コミュニケーション能力です。

 

雄弁でなくても、人と人をつなぐための「聞く、尋ねる、認める」という資質を持ちあわせた人物が適任です。

 

フランチャイズビジネスの経験者を社外からスカウトするのも一つの手ではありますが、仕組みづくり以外のシーンでは、すでに対象となる事業のナレッジを蓄積している人物のほうが、より好ましいでしょう。


まとめ


フランチャイズは、他社の力も借りながら、迅速に自社のブランドを広めていくことができる手段なので、大きな魅力を感じている事業者は多いでしょう。

 

しかし、他社に教えられる事業ノウハウが不足していたり、プロジェクトリーダーの適任がいないまま、無理に展開を押し進めたりすると、思わぬ失敗をすることがあります。

 

フランチャイズの目的や、ノウハウ・リーダーとなるべき人材の有無を必ず確認した上で、本部構築を進めるようにしましょう。

 

収益目的の不動産をお探しの方で、なにかお困りでしたらお気軽に株式会社街くるまでご相談ください!

≪ 前へ|店舗をフランチャイズしたい場合の展開と契約内容について   記事一覧   売上歩合方式など3種類!フランチャイズ加盟店に求めるロイヤリティとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る