大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の相続税を節税する方法をご紹介!

不動産の相続税を節税する方法をご紹介!

≪ 前へ|相続税を支払うケースって?不動産における相続税の計算方法とは   記事一覧   民法の共有状態にある不動産の相続と注意点について|次へ ≫

遺産の相続はありがたいものですが、相続額によっては高額な相続税が課税されることになります。

 

今回は、不動産の相続税を節税する方法について、特例などをまとめてみました。


不動産の相続税を節税する方法①基礎控除


不動産の相続税を節税する方法をご紹介!


まず不動産の相続税には、最低でも3,600万円の基礎控除があります。

 

これは、一律の控除額3,000万円に、法定相続人×600万を加算した金額で、遺産が控除内であれば相続税は発生しません。

 

配偶者は常に相続人となりますが、それ以下は子供(もしくは孫)、両親、兄弟姉妹の順に法定相続人になれる権利があります。

 

つまり、法定相続人が増えれば増えるほど、基礎控除額も増えることになるため、相続人の人数によって相続税が発生するかどうかが変わってきます。

 

また、配偶者が法定相続人となれば、遺産の2分の1を相続することになりますが、相続額の割合によって納税額も変わります。

 

この計算で使われる不動産の価値については、時価ではなく、不動産評価額というものが採用されます。

 

これは、各自治体にある固定資産台帳に記載があるもので、時価より割安になっています。

 

このように、相続税の算出はルールが多岐に渡るため、複雑です。


不動産の相続税を節税する方法②多種多様な節税対策


不動産の相続税を節税する方法②多種多様な節税対策


相続税の節税には、様々な方法があります。

 

まずは小規模住宅地等の特例が挙げられます。

 

これは、被相続人が住んでいた土地について、一定の要件を満たす場合には、不動産の評価額を8割または5割まで減額してもらえる制度です。

 

まず前提条件として、被相続人と同じ財布で生活をしている生計一親族であること、そして、その宅地等が建物の敷地であることです。

 

さらに宅地の種類によって要件が複雑に分かれていますが、適用されれば節税することができます。

 

また、配偶者の税額軽減制度が16,000万円、もしくは法定相続分相当額までは非課税という特例があります。

 

この特例を利用し、子どもは相続せず、相続は全て配偶者である母親がすると算段することも可能です。

 

また、相続時の相続額を減らすための生前贈与も節税になります。

 

居住用の不動産について、配偶者への生前贈与であれば2,000万円まで非課税となりますし、配偶者でなくとも、1年間で言えば110万までは贈与額が非課税です。

 

これ以外にも、2,500万円まで一時的に無税で贈与を受けることができる相続時精算課税制度を利用した節税方法もありますが、失敗をするとむしろ納税する額が増えてしまいます。

 

さらに、住宅取得資金の贈与や子育て資金の贈与、教育資金の贈与まで、生前贈与の特例は多岐に渡り、損をしないためには慎重に対策を練ることが重要です。


まとめ


不動産の相続には、計算方法を始めとし、特別な控除など様々な節税方法も存在するため、専門家に相談するほうが安心です。

 

相続に不明な点があれば、ぜひとも相談してみてください。

 

株式会社街くるでは、大阪を中心に不動産売買を行っております。

 

不動産相続などでお困りの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|相続税を支払うケースって?不動産における相続税の計算方法とは   記事一覧   民法の共有状態にある不動産の相続と注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る