大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を相続したら放置してはいけない!有効活用法をご紹介

不動産を相続したら放置してはいけない!有効活用法をご紹介

≪ 前へ|民法の共有状態にある不動産の相続と注意点について   記事一覧   グリーンピース北新地|次へ ≫

遺産として不動産を相続した場合、または生前贈与で不動産を取得した場合、その不動産をどのように扱うかを考えておくことは重要です。

 

不動産を相続したとき、その立地や建物の状態によっては、宝の持ち腐れになりかねません。

 

そこで今回は、不動産を相続した場合の活用方法についてまとめてみました。


相続した不動産に住む・貸す


不動産を相続したら放置してはいけない!有効活用法をご紹介


まず、不動産を相続した場合に考えられるのが、相続人のうちの誰かが住む方法です。

 

これは、住み替える上で現在の住まいの処遇を検討しなければならなかったり、その不動産が老朽化していた場合にはリフォームをしなければならなかったりする場合もあります。

 

このように、住んでいる者が相続するというケースでなければ、難しい場合も多いのです。

 

次に、その不動産を収益化する方法、つまりは貸し出す方法が考えられます。

 

こちらについても、借り手が必ず見つかるとも限りませんし、不動産所得については投資運用の知識が無いと収益化は難しいものです。

 

確定申告についても別途必要となるため、容易な判断は避けるべきでしょう。


相続した不動産を放っておくのは危険


相続した不動産を放っておくのは危険


では、何もしないで放置をしておく場合はどうでしょうか。

 

たとえ放置した場合でも、固定資産税などの税金は毎年課税され続けますし、しっかりとした維持や管理を適切に行っていなければ、特定空き家に認定されて課税額が急増する可能性もあります。

 

このように、そのままの状態にしておくことはデメリット以外の何物でもありません。

 

そこで最後に考えられるのが、活用ではなく、売却です。

 

ローン残債を抱えたまま、止むを得ずに不動産を手放す場合には、なるべくローン残債を残さないように売却価格にシビアにならなければいけませんが、ローンが残っている不動産を喜んで相続する方もいないと思いますので、基本的に相続で取得した不動産はローンが残っていないでしょう。

 

その場合は、早く売ってしまうことが重要です。

 

なお、不動産の売却については、良い不動産会社を見つけることが重要です。

 

遺産の不動産を売却する場合には特に、相続の知識などを持ち合わせているほうが節税のアドバイスを受けることができます。

 

また、不動産会社によって査定額は上下しますし、客付け(買い手がみつかること)の良し悪しも変わってくるため、十分に吟味するべきでしょう。


まとめ


不動産の相続には、計算方法を始めとし、特別な控除など様々な節税方法も存在するため、専門家に相談するほうが安心です。

 

相続に不明な点があれば、ぜひとも相談してみてください。

 

株式会社街くるでは、大阪を中心に不動産売買を行っております。

 

不動産相続などでお困りの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|民法の共有状態にある不動産の相続と注意点について   記事一覧   グリーンピース北新地|次へ ≫

トップへ戻る