大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 店舗を経営する個人事業主ができる節税と税金対策とは?

店舗を経営する個人事業主ができる節税と税金対策とは?

≪ 前へ|店舗経営で大事な経費削減とは?固定費や変動費の削減方法について   記事一覧   西梅田 大阪第1ビル ヘルシー 玄三庵 |次へ ≫

店舗を経営する個人事業主の方は、税金対策や節税に頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。

 

個人事業主として店舗を経営する場合、会社員とは違い、自分で確定申告をして税金を納めなければいけません。

 

今回は、個人事業主の方が、確定申告のときに税金対策としてできる節税方法をご紹介していきます。

 

店舗経営をする個人事業主の節税 経費について


店舗経営をする個人事業主の節税

 

店舗経営をするなかで節税できる部分で、まず対策をたてていきたいのは、所得税です。

 

所得税は、1年間の収入にかかる税金を、確定申告の際に納めなければなりません。

 

この所得税を節税するには、経費の見直しが有効となります。

 

個人事業主の方は、生活費と仕事でかかる経費をはっきり分けていないこともあるので、今一度経費がどれくらいかかっているか見直しましょう。

 

経費として計上できるものの例としては、車に関係するものや交際費などが挙げられます。

 

もし社用車を用意していない場合は、ガソリン代や車の保険など、事業用の部分と私用で使っている部分をきちんと分けて計上しましょう。

 

また、社用車として中古車を購入するのも節税になります。

 

車を経費として計上できるので、中古車に長く乗るのが節税に効果的なようです。

 

交際費に関しては、店舗経営をしていると接待などで交際費がかかることがあります。

 

領収書やレシートを保管しておき、確定申告の際に経費として申請しましょう。

 

店舗経営をする個人事業主の節税 青色申告をする

 

青色申告特別控除は、税金対策をしようと考えている方に、はじめにやってほしい事です。

 

前年度分の売り上げを計上して税務署に確定申告書を出すことで、65万円の控除が受けられます。

 

多少の手間はかかりますが、税理士に頼んだり会計ソフトなどを取り入れたりすると便利なようです。

 

また、店舗経営を始めたばかりで売り上げが少ない場合も税金対策ができます。

 

赤字が出てしまった年の確定申告で、損益計算をしてもカバーしきれない分を、翌年以降3年にわたり損益計算できるというものを、青色申告の純損失繰越制度と言います。

 

事業を始めたときの設備投資などで大きな赤字が出てしまったときは、青色申告の純損失繰越制度を利用して節税をしましょう。


確定申告

 

まとめ

 

店舗経営をしている個人事業主の方が節税をするときに、まず見直す必要があるのは、経費の計上だということがわかりました。

 

さらに、確定申告においても青色申告をしたり、赤字が大きいときは青色申告の純損失繰越制度を利用したりすることで節税ができるようです。

 

ぜひ今一度店舗の税金対策に関して、見直しをしてみてはいかがでしょうか。


収益目的の不動産をお探しの方で、なにかお困りでしたらお気軽に株式会社街くるまでご相談ください!

≪ 前へ|店舗経営で大事な経費削減とは?固定費や変動費の削減方法について   記事一覧   西梅田 大阪第1ビル ヘルシー 玄三庵 |次へ ≫

トップへ戻る