大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > カフェを開業するときに必要な手続きとは?どんな資格が必要になる?

カフェを開業するときに必要な手続きとは?どんな資格が必要になる?

≪ 前へ|堂島 スパイスカレー Synergy   記事一覧   テラス席付きの飲食店を経営するときに必要な許可とは?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

最近、おしゃれな飲食店やカフェが増えていっていますよね。

 

男女問わず、小さいお店でもいいから「自分のお店を持ちたい」と考える人も少なくないと思います。

 

資金に関しても、「小規模のお店であれば自分でも出来るのでは?」とお考えの方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、資金だけがあれば開業できるわけではありません。

 

実は、市などへの必要な届出や、お店を開くために必要な資格があります。

 

そこで今回は、カフェを開業するときに必要な資格などについてご紹介していきます。

 

カフェを開業したい!必要な資格とは?


カフェ開業


では、必要なものとは一体なにがあるのでしょうか?

 

最低限「食品衛生責任者」と「防火管理者」という2つの資格はカフェを開業するにあたって、保有していないといけません。

 

食品衛生責任者という資格は、カフェだけに限らず、飲食店を経営するには必ず必要な資格です。

 

どのお店も、必ず目に見える場所に掲示してあります。

 

2つ目の防火管理者というものは、人の出入りがある施設での火災を予防するために必要な処置ができるように指示をしたりする人のことです。

 

1つの建物に30人以上の人が出入りすることができる施設に、最低でも1名以上はその資格を持っていなければいけません。

 

しかしながらこちらの2つの資格は、取得するのは難しくはありません。

 

受講料はそれぞれ必要ではありますが比較的安価で、1日~2日ほどある講習を受ければ取得することが可能です。

 

カフェを開業するときに調理師免許の資格は必要?


調理師免許


飲食店と聞けば、「調理師免許を持っている人が必要なのでは?」とお考えの方も多いでしょう。

 

もちろん、持っていれば便利な資格なので、取得する時間があれば持っておくと良いでしょう。

 

しかし、実は調理師免許を持っていなくても、カフェの開業はできるのです。

 

カフェ専門の料理学校などもあり、料理学校であればどこでも調理師免許を取得することはできますが、そこまでを必要とされるわけではありません。

 

たしかに調理師免許を持っていれば、お客様などへの宣伝や信頼感に繋がることも考えられるため、メリットは大きいです。

 

しかし、食品衛生責任者や防火管理者のように1日で取得できるわけではないので、本当に「調理の知識を身につけたい!」という方以外は、無理に取得する必要はありません。

 

まとめ


ご紹介したように、最低限必要な資格さえ取得すれば、カフェを開業することはできます。

 

しかしながら、今後経営していくためには、その都度必要なものは増えてくことが予想されます。

 

しっかりプランを立てて、ひとつひとつクリアしていくことが、カフェ開業への近道になりそうですね。

 

収益目的の不動産をお探しの方で、なにかお困りでしたらお気軽に株式会社街くるまでご相談ください!

≪ 前へ|堂島 スパイスカレー Synergy   記事一覧   テラス席付きの飲食店を経営するときに必要な許可とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る