大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 店舗にWi-Fiを設置するメリットデメリットとは

店舗にWi-Fiを設置するメリットデメリットとは

≪ 前へ|憧れのアパレルショップ開業!コンセプトなど開業にあたっての注意点は?   記事一覧   無料Wi-Fiを店舗に導入する流れと注意点|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

スマートフォンの普及と同時に、公衆無線LANの利用者は2013年以降、年間600700万人ずつ増え続けています。

 

国内の利用者はもちろん、2020年に開催される東京オリンピックでは外国人観光客の利用が見込まれ、行政でも公衆無線LAN環境整備支援事業を始めました。

 

店舗に利用客が使用できる無料Wi-Fiを設置するメリットとデメリットについてお伝えします。

 

店舗にWi-Fiを設置するメリット


Wi-Fi


店舗に無料Wi-Fiがあると、それだけで集客効果が期待できます。

 

特に2020年の東京オリンピックを控えて訪日外国人は増加しています。

 

特に彼らはポケットWi-Fiなどを持っていることも少ないので、無料でネット通信ができるカフェやレストランを優先的に利用することも多いでしょう。

 

それ以外でもゲームや動画などを楽しみたい人や、仕事でインターネットにつなげたい人の利用とリピート利用が期待できます。

 

契約するサービスによってはインターネットにつなげる際に、特定のホームページを開くようにすることができます。

 

そこで店のおすすめ品などを紹介すれば、利用者に効率的に商品をアピールすることもできるでしょう。

 

店舗にWi-Fiを設置するデメリット


滞在時間


しかしながら、店舗にWi-Fiを設置するデメリットや注意点もあります。

 

例えばWi-Fiを利用できる店舗では、利用客の滞在時間が長くなりがちです。

 

追加で色々オーダーしてくれるのであれば問題ありませんが、コーヒー一杯で何時間も滞在されてしまうリスクもあります。

 

また利用客が増加し、多くの人が一度にアクセスすると通信が不安定になることもあります。

 

無料Wi-Fiが使えるからという理由で訪れたお客さんから「インターネットにつながらない」とクレームになってしまっては意味がないですよね。

 

さらに公衆無線LANは電波を共有するため、他の利用客や店舗の端末から情報を盗むなどの不正アクセスを懸念する声もあります。

 

利用者の情報は利用者自身の責任で管理するものではありますが、店側に原因の一端があるとされてしまうこともあるかもしれません。

 

また不正アクセスから自分の店舗を守るために、お客さんが利用する回線と店舗が利用する回線は分けることをお勧めします。

 

現在様々な通信企業が、数多くの公衆LANサービスを提供しています。

 

料金が安いことはもちろんですが、複数回線に対応できるか、充分な通信速度があるか、セキュリティ面はしっかりしているかなど見極めることが大切です。

 

まとめ


スマホ一台で何でもできるようになった現代、無料Wi-Fiを利用できるスポットはそれだけで集客効果が期待できます。

 

しかしながらメリットだけでなく、デメリットもあることを理解した上で設置を検討するといいでしょう。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|憧れのアパレルショップ開業!コンセプトなど開業にあたっての注意点は?   記事一覧   無料Wi-Fiを店舗に導入する流れと注意点|次へ ≫

トップへ戻る