大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 民法改正で相続法はどう変わった?改正点のポイントを解説

民法改正で相続法はどう変わった?改正点のポイントを解説

≪ 前へ|動物病院を開業したい!資金調達の方法&流れと立地選定のポイント   記事一覧   不動産を相続する時の分割方法とは?適切な選び方も|次へ ≫

2019年1月、民法改正により相続法が改正されました。

 

民法改正によって相続法がどのように変わったのか、改正点のポイントを見ていきましょう。

 

その中でも配偶者居住権について、詳しく説明していきます。

 

民法改正で相続法はどう変わった?改正点のポイントを解説


相続法の民法改正 改正点のポイントは?

 

相続法の民法改正により、特別寄与料制度が新設されました。

 

この民法改正のポイントは、法定相続人以外の人も相続を受けられるようになったということです。

 

民法改正前までは、亡くなった方の介護や看護にあたったのにもかかわらず、法定相続人ではないため相続を受けられないという状況がありました。

 

このような状況をなくすために、法改正が行われたということです。

 

しかし被相続人の相続人ではない親族が対象となり、法律婚をしていることが前提となっています。

 

さらに、遺産相続分割前の払い戻し制度も新設されました。

 

この民法改正のポイントは、亡くなった後に緊急でお金が必要になった場合に預貯金を引き出せるということです。

 

民法改正の前までは、葬儀の費用や当面の生活費など、すぐにお金が必要な場合に支払いができないことがありました。

 

これらに対処できるように、法改正が行われたということです。

 

ただし、相続人1人につき法定相続分の3分の1という上限があるので注意が必要です。

 

他にも、遺言書の作成に関するルールが緩和されることや、生前贈与で自宅を相続した場合は遺産分割の対象外となること、遺留分減殺請求の効力・相続の効力の見直しなどが変更点です。

 

相続法の民法改正 配偶者居住権の改正ポイントとは?

 

民法改正で相続法はどう変わった?改正点のポイントを解説


相続法の民法改正で、配偶者居住権の新設もされました。

 

民法改正前までは、亡くなった方から配偶者が自宅を相続することで、預貯金の相続が少なくなり、生活に必要なお金を十分に確保できないという現状がありました。

 

そこで、配偶者居住権によって、持ち家に同居していた配偶者が生涯に渡って無償でその自宅に住み続けることができるようになりました。

 

相続人同士が揉めなければ特に重要な改正点ではないようにも思えますが、複数人の相続人がいる場合は重要になってきます。

 

まとめ

 

相続法の民法改正によって、たくさんの制度が新設され、相続人にとって有利な点が多くあることがわかりました。

 

その民法改正の中でも、配偶者居住権は生活を保護するための重要な制度となっています。

 

民法改正の内容を知り、ポイントをおさえておくことが大切ですね。


私たち株式会社街くるでは、相続などでお困りの方全般的にご相談を承っております。

不動産に関するお悩みは、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|動物病院を開業したい!資金調達の方法&流れと立地選定のポイント   記事一覧   不動産を相続する時の分割方法とは?適切な選び方も|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る