大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 飲食店を開業する際の資金を調達する方法とは?

飲食店を開業する際の資金を調達する方法とは?

≪ 前へ|ハイボールバー1923 ランチ   記事一覧   個人事業主の事業承継に対する税制改正|次へ ≫
カテゴリ:店舗を借りたい

飲食店の開業を目指している方にとって資金を調達することは、大変気を遣う一大業務です。

 

手持ちのお金で何とかやりくりするから大丈夫と考えている方でも、資金繰りがうまくいかなくなることもあるでしょう。

 

オープン直後は赤字になるお店がほとんどですので、資金を安定的に回すのは大変難しいかじ取りになります。

 

そんなときのために今回は飲食店開業を目指している方に向けて資金調達について解説していきます。


 

飲食店開業に向けての資金調達方法


飲食店


 

<近親者・知人>

 

親や兄弟などの近親者や、信頼のおける知人からの借り入れによる調達方法です。

 

利息や返済期日を融通してもらいやすいという点において優秀ですが、あまりにラフな対応をしているとトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

 

近親者だからといって簡単に済ますのではなく、しっかり借用書の用意などをして信頼してもらえるように努めておくとお互いに気持ちよく取引できるはずです。


 

<公的機関の利用>

 

国や地方自治体が実施している融資制度を利用する方法です。

 

一般的によく使われている融資制度は、日本政策金融公庫の新創業融資です。

 

一般的な金融機関と比較して金利が安かったり、無担保・無保証で借りたりすることができます。

 

地法自治体の融資制度の融資実行は第三者機関ですが、中小企業が融資を受けやすくなるような仕組みを作っていますので、一度相談してみてもよいですね。


 

飲食店の開業資金調達における中小企業経営力強化資金とは?


資金

 

公的融資を受けようと考えたときに一般的に利用する機関は日本政策金融公庫が多いです。

 

その中にある制度、中小企業経営力強化資金について解説していきます。


 

<中小企業経営力強化資金とは>

 

日本政策金融公庫が提供する、創業時から無担保・無保証人・低金利で融資を受けられる制度です。

 

認定支援機関を通して公庫に申し込み、審査が通った人のみが資金を受けることができます。

 

新創業融資制度の限度額に達していても、中小企業経営力強化資金の制度を利用することで約2倍の限度額まで引き上げることが可能です。

 

その分チャンスも広がりますので、申しこんで審査してもらう価値はあります。


 

<認定支援機関とは>

 

申し込み時に必要な認定支援機関とは、国が指定した個人事業主や法人をサポートする機関です。

 

税理士事務所が認定支援機関になっていることが多いです。

 

利用したい場合はお近くの税理士事務所を探して連絡してみてください。


 

<中小企業経営力強化資金を利用するには>

 

認定支援機関が手伝ってくれるからといって審査は甘いものではありません。

 

しっかり事業について考え、経営計画を綿密に立てる必要があります。

 

面接もありますので経営に対するイメージと勉強は欠かせません。

 

また、金融事故情報がある場合には融資が受けられないので、過去5年に事故を起こしていないのかなどの情報は自身で確認してから動く必要があります。


 

まとめ

 

飲食店開業を目指している方に向けて資金調達の方法についてご紹介しました。

 

家族や知人からお金を借りることに気が引ける方は他の資金調達方法を模索する必要があります。

 

一般的な金融機関ではこれまでの実績を見られることがほとんどですので、新規事業では相手にされません。

 

そんな時には国の制度を賢く利用していくことがオススメです。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|ハイボールバー1923 ランチ   記事一覧   個人事業主の事業承継に対する税制改正|次へ ≫

トップへ戻る