大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスの電気代の相場はどのくらい?削減方法はある?

賃貸オフィスの電気代の相場はどのくらい?削減方法はある?

≪ 前へ|個人事業主が事業承継するために必要な手続とその注意点とは?   記事一覧   賃貸のオフィスオーナーが確認すべき“防火管理者”資格とその詳細|次へ ≫
カテゴリ:店舗を借りたい

賃貸オフィスを検討していく中で気になるのが、“コスト”です。

 

そのなかでも特に電気代はどのくらいになるのか、気になりますよね。

 

基本的に照明や空調は朝から夜までずっとついているものですから、削減することが可能かも知りたいところです。

 

そこで、賃貸オフィスでの電気代の相場と削減方法をみていくことにします。

 

賃貸オフィスにおける電気代の相場はどのくらい?


オフィス


賃貸オフィスの電気代の相場は、10坪で20,000円くらいだといわれています。

 

30坪で40,000円、70坪で70,000円、75坪で80,000円と緩やかに上がっていきます。

 

しかし使っている空調などの設備が古いものである場合は最新のものに比べてコスパがよくないのでもう少し高くなる可能性も考えられます。

 

さらには24時間営業のオフィスである場合は電気代が発生しない時間帯がないので、もっと高くなることが考えられます。

 

また仕事の内容が、パソコンやOA機器をあまり使わないような仕事であればその分電気代は減りますし、逆にパソコンがないと仕事にならないような内容であれば、高くなります。

 

気になる内訳ですが、実は半分近くを占めているのは空調です。

 

その次に照明、OA機器が占めています。

 

「照明を消すなんてできない」と考えている方も、空調を調整することで節約が期待できます。

 

しかし社員の体調管理に必要不可欠な設備でもあるので、減らしすぎた結果、不調を訴える社員が増えてしまい、稼働率が悪くなってしまっては意味がありません。

 

社員の体調は、優先的に考えて行動しましょう。

 

賃貸オフィスにおける電気代の削減方法とは?


電気代


賃貸オフィスの電気代の相場がだいたい分かったところで、減らす方法はあるのでしょうか?

 

方法は、いくつか存在します。

 

物理的な解決法としては、照明の数を減らしてみることです。

 

15個の照明を10個に減らすだけでも10%以上削減することが可能です。

 

あとは、LEDライトに切り替えるのもオススメです。

 

導入時は普通の電球よりも高い費用がかかりますが、その分10年ももつので長い目で見るとお得です。

 

LEDは消費電力が少ないので、8割近く削減することも可能です。

 

全体的に見直すのであれば、電力会社を乗り越えることもオススメです。

 

電力の自由化により、今ではさまざまなサービスを選ぶことができるようになりましたし、書類の手続きのみで工事は業者が行ってくれるので楽です。

 

最初は面倒かもしれませんが、長い目で見ればだいぶ安く抑えることができそうです。

 

まとめ


賃貸オフィスの電気代の相場と削減方法をご紹介してきましたが、思っていたよりもいろいろな削減方法があったのではないでしょうか。

 

節約できるところは節約をして、浮いた経費を上手に活用できるとよいですね。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|個人事業主が事業承継するために必要な手続とその注意点とは?   記事一覧   賃貸のオフィスオーナーが確認すべき“防火管理者”資格とその詳細|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る