大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 店舗経営は計画が重要!事業計画書と投資回収期間とは?

店舗経営は計画が重要!事業計画書と投資回収期間とは?

≪ 前へ|銀平はなれ 北新地 ランチ   記事一覧   ラーメン屋の開業ポイント!必要な届け出や計画は?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

店舗経営では開業までの事業計画が大切で、融資や協力者への信頼性を左右します。

 

初めての店舗開業では、何を計画したらよいのかわからないケースもあるでしょう。

 

事業計画書のポイントと投資回収期間についてわかりやすく説明しますので、開業にむけてぜひ参考にしてくださいね!


店舗経営は計画が重要!事業計画書と投資回収期間とは?


店舗経営計画に重要な事業計画書とは?

 

店舗経営計画に重要は事業計画書とは、事業内容を完結にわかりやすく示す書類です。

 

融資を受ける金融機関や事業協力者に対して、どのように事業を進めるのかを説明する大切な資料になります。

 

事業計画書にはさまざまな項目を盛り込む必要がありますが、資金や収支に関する項目は、根拠のある数値を示す必要があるのでより重要です。

 

開業資金にかかる総投資額をきちんと算出するために、以下の項目をチェックしましょう。

 

・工事費

・物件取得費

・開業費

 

工事費と店舗の建築・内装・設備などの工事、開発などにかかるお金です。

 

物件取得費は保証金や敷金・礼金などで、造作譲渡費用なども含みます。

 

工事費や物件取得費用に含まれない、什器等の備品、販売促進、消耗品などの工事費は開業費として計上します。

 

前家賃や開店前の人件費など、見落としがちな項目もたくさんあるので、開業までにかかる資金をくまなく網羅するのが重要です。

 

店舗経営計画に重要な投資回収期間とは?


店舗経営計画の資料


店舗経営計画に重要な投資回収期間とは、当初の総投資額を何年で回収できるかを示します。

 

投資評価方法の一つとして回収期間法があり、計算が簡単で理解しやすい点が特徴です。

 

しかし、より実際に即した数値をだすには、「お金の時間価値」や「キャッシュフローのばらつき」などを加味する必要があります。

 

この2点も含めて算出するのであれば、回収期間法ではなく、割引回収期間法を利用するのがおすすめです。

 

また、「回収後のキャッシュフローへの価値」や「回収期間のあいまいさ」などを考慮していないので、割引回収期間で検討した際にも注意が必要になります。

 

投資回収における計算に欠けている点を把握さえしておけば、わかりやすいので、初心者でも扱いやすい事業計画における評価資料といえるでしょう。

 

まとめ

 

店舗経営における事業計画書は重要で、対外的に事業の信頼度を示す材料の一つになります。

 

投資回収期間をしっかりと把握するためには、事業のリスクや将来のキャッシュフローの価値なども検討するとよいでしょう。

 

まずは理解しやすい数値で全体像をチェックして、開業に向けての準備を始めましょう!

 

大阪市でテナント物件をお探しの際は、株式会社街くるまでぜひお問い合わせください

≪ 前へ|銀平はなれ 北新地 ランチ   記事一覧   ラーメン屋の開業ポイント!必要な届け出や計画は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る