大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > あなたのお店は大丈夫?店舗開業時に重要な特定遊興飲食店営業とは

あなたのお店は大丈夫?店舗開業時に重要な特定遊興飲食店営業とは

≪ 前へ|飲食店を開業する方必見!厨房設備リースのメリットとデメリット   記事一覧   堂島 肉 ランチ ハンバーグ ステーキ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

飲食店などの店舗を開業するにあたり、重要なのが特定遊興飲食店営業についてです。

 

ここでは特定遊興飲食店営業とはどんなものなのか、注意点を含めて見ていきたいと思います。

 

これから店舗の開業を控えている方の参考になれば幸いです。

 

店舗の開業で重要!特定遊興飲食店営業の定義


開業


特定遊興飲食店営業とは、以下の3つが揃った店舗のことを指します。

 

・深夜に営業する店舗

・お客さんに遊興させる

・お客さんにお酒を提供

 

深夜とは午前0時~午前6時までの時間を指すため、午前6時~午前0時までの営業であれば特定遊興飲食店営業には当てはまりません。

 

また、遊興とは店舗側の行為によりお客さんが遊びを興じることです。

 

・ショーやダンスを不特定多数のお客さんに見せる

・歌やバンドなどの生の演奏を不特定多数のお客さんに聴かせる

・ゲームやカラオケなどの装置を置き、不特定多数のお客さんに歌を推奨する

・照明や音楽での演出とともに、お客さんにダンスができる場所を提供する

・ビリヤードやボーリングなどの設備を設置し、不特定多数のお客さんに自由に使ってもらう

・お酒が提供される店舗で、スポーツの映像を不特定多数のお客さんに見せる

 

上記のような行為は特定遊興飲食店営業の重要な要素となります。

 

店舗の開業で重要な特定遊興飲食店営業の注意点


注意点


では、店舗を開業する際、どのような注意点に気を付ければよいのでしょうか。

 

まず、開業する店舗が特定遊興飲食店営業に該当する場合、営業の許可や届け出が重要だということを覚えておきましょう。

 

ただし、特定遊興飲食店営業は先述した3つ要件が揃った場合のみです。

 

ライブハウスでも深夜の営業を行わない店舗や、お酒の提供をしていても該当しません。

 

またもう一つの注意点として、遊興は参加型と鑑賞型に分かれています。

 

店舗側は何もしていないと思っていても、遊興に該当する可能性があるので注意しましょう。

 

そして、特定遊興飲食店営業においての「営業」は、利益を求めるための営業を反復して行うことを意味しています。

 

営利目的ではなく、継続して行わない場合は遊興と飲酒があったとしても特定遊興飲食店営業にはなりません。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

 

店舗の開業で重要な特定遊興飲食店営業について、重要な点と注意すべき点をご紹介いたしました。

 

特定遊興飲食店営業に該当するかどうかの定義は、最終的に警察署が判断することのため、正確な判断を仰ぎたい場合は管轄の警察署に相談に行ってみてください。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

≪ 前へ|飲食店を開業する方必見!厨房設備リースのメリットとデメリット   記事一覧   堂島 肉 ランチ ハンバーグ ステーキ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る