大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 新会社の設備投資!購入とリースお得なのはどっち?

新会社の設備投資!購入とリースお得なのはどっち?

≪ 前へ|ダンススタジオの開業に必要な手続きや資金はいくら?注意点も解説   記事一覧   テナント運営で起業するための第一歩「法人登記」とは?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

不動産投資を事業化して法人登記した後、会社の設備を整えていくことになりますが、パソコン、複合機、デスクなどの備品の設備投資は、購入とリースのどちらが良いのでしょうか。

 

今回は、購入とリースの違いの説明と、実際にどちらがお得なのかについて、まとめてみました。

 

設備投資のイメージ画像


新会社の設備投資における購入とリースの違い

 

まず、リースとは、簡単に言うとレンタル契約の一種です。

 

しかし、レンタル契約とは大きく異なるのが、提供元となるリース会社が、ユーザーとの契約に基づいて商品を代替購入し、それを契約したユーザーに貸し出すサービスであることです。

 

もちろん、リース会社が購入費用を肩代わりしてくれるわけですから、毎月のリース料金には、リース会社への金利も含まれることになります。

 

リースはレンタル契約の一種だからといって、使いまわしのレンタル品を利用することになるわけではなく、基本的にはリース会社が購入した新品を使うことができます。

 

つまり、会社の規模が小さく、先行投資する資金に余裕がない場合には、設備投資は購入ではなく、リースを活用すべきといえるでしょう。

 

新会社の設備投資では購入とリースのどちらがお得?

 

では、購入とリースではどちらがお得なのかについては、さまざまな観点から考えなければいけません。

 

まずは経済的な観点で考えていくと、リースはレンタル契約ですので、最終的には備品を返却することになります。

 

つまり、使用できる期間は限られているが、リース期間が短ければ、購入するよりも安く済むということです。

 

しかし、リース契約のなかには中途解約が禁止されており、最終的なリース使用料の総額が、その備品を購入した金額より高くなることもあるため、注意が必要です。

 

ただし、リース品はメンテナンスも行ってくれるという点が大きな違いであり、購入品の場合には自身で修理やメンテナンスを行わなければいけませんが、リース品の場合にはリース会社が責任をもって行ってくれます。

 

このあたりを踏まえると、最終的にはリース契約がお得になる可能性も十分にあるのです。

 

また、税金対策の観点で考えると、購入した場合にはその備品それぞれについて、減価償却費という形で一定の期間に渡って経費計上することになりますが、リースはリース料金が経費になります。

 

しかし、「リース取引に関する会計基準」が2008年に改正されたことで、会計処理の方法はリース期間やリース金額によって異なるようになりました。

 

リース契約の種類によっても、その税務処理は異なるため、専門家の知識などを借りながら、最終的な判断をすべきでしょう。

 

リース契約のイメージ画像


まとめ

 

設備投資における購入とリースの違いは、割賦で購入して自分の所有物とするか、メンテナンス料や金利を支払ってリース会社の所有物を使わせてもらうかの違いです。

 

どちらを選ぶかについては、さまざまな観点からの検証が必要なため、専門家の知識を借りるべきですが、初期投資があまりできない場合には、リース契約を選ぶことになるでしょう。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください

≪ 前へ|ダンススタジオの開業に必要な手続きや資金はいくら?注意点も解説   記事一覧   テナント運営で起業するための第一歩「法人登記」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る