大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > テナントの空室対策!上手に管理して退去を防ぐ方法を紹介

テナントの空室対策!上手に管理して退去を防ぐ方法を紹介

≪ 前へ|テナントオーナー必見!不動産所得の扱いは事業所得になるの?   記事一覧   ZEN 西梅田 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

テナントを所有している場合、借り手がいる間は利益が上がりますが、退去されると一気に収入がゼロになってしまいます。

 

また、新しい店子を見つけるための費用など、さまざまな出費が発生します。

 

そのため、テナントオーナーにとっては空室対策と退去を防ぐ対策は重要な課題です。

 

そこで今回は、テナントオーナー向けに空室対策を紹介していきます。

 

テナントの画像



テナントの退去と空室対策①:管理を強化しよう

 

テナントが退去してしまう理由や、新しい借り手がつかない理由は複数ありますが、オーナーが防ぐことができるものもあります。

 

その1つが管理体制です。

 

防犯上不安がある、衛生的でないなど、テナントにとってマイナスになる要素がある場合、対策は必要です。

 

清掃回数や管理人の巡回を増やしたり、防犯カメラを取り付けるなど、管理体制を強化することで、テナントが借り続けたいと思ってくれます。

 

また、物件を探している人にとって、管理が行き届いているかはその後の営業活動や業務の快適さに大きな影響を与えるため、チェックするポイントです。

 

安全性や清潔感は、管理体制の強化ですぐに結果を出すことができます。

 

物件をきちんと管理して良いオーナーぶりをアピールすることは、退去防止にも、空室対策にも繋がるのです。

 

テナントの退去と空室対策②:設備を改善しよう

 

設備が古いので、もっと条件が良い物件を探したいという理由で退去するテナントは少なくありません。

 

新築ビルにはかなわないとしても、設備を充実させることで退去防止につなげることが可能です。

 

たとえば、オートロックやモニター付きインターフォンなど、防犯面の設備投資が考えられます。

 

その他にも、テナントごとの対策として、古いエアコンを取り替えたり、トイレをウォシュレットに変えることで、テナントの居心地の良さは大きく改善されます。

 

テナント数が多いほど、設備の更新にかかる費用は高額になります。

 

しかし、退去が出た場合の損失を考えると、これらの設備投資は決して割に合わないものではありません。

 

設備で改善できることはないか、費用対効果を考えた上で検討してみましょう。

 

空室対策の画像



まとめ

 

テナントを所有している場合、空室対策は重要なポイントです。

 

管理体制の強化などソフト面、設備改善のハード面それぞれでできることはあるはずです。

 

利益を高めるためにも、管理会社任せではなく、ぜひ改善ポイントを洗い出して対応してみてはいかがでしょうか。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください

 

≪ 前へ|テナントオーナー必見!不動産所得の扱いは事業所得になるの?   記事一覧   ZEN 西梅田 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る