大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 空き家放置は様々なデメリットが!事業用で貸し出すことを検討しよう

空き家放置は様々なデメリットが!事業用で貸し出すことを検討しよう

≪ 前へ|長次郎 ヒルトンプラザ ランチ   記事一覧   テナントオーナー必見!不動産所得の扱いは事業所得になるの?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

新しい家やマンションに引っ越しした、一軒家を相続したけれど利用しないなどの理由で、空き家を所有することになる場合があります。

 

空き家を壊したり売却したりするのも手間がかかるため、放置している人もいるかもしれません。

 

しかし、空き家のまま放置しておくと、さまざまなデメリットが発生する可能性があります。

 

空き家は売却する以外にも、事業用に貸し出すことも可能です。

 

今回は、空き家を持っている人が考えなくてはいけない注意点と、活用方法をご紹介します。


空き家放置は様々なデメリットが!事業用で貸し出すことを検討しよう


 

空き家を放置する問題とは?事業用に貸し出すメリット


 

空き家を放置することで、さまざまな問題が出てきます。

 

1つは、周辺地域への悪影響です。

 

空き巣が入っても気づけなかったり、ホームレスや不審者が侵入したりする場合もあります。

 

それによって放火や不法投棄などが起き、近隣住人に迷惑をかける場合もあります。

 

問題によっては、損害賠償請求の対象になることもあります。

 

また、人が出入りしない建物は腐食しやすいため、建物の資産価値はどんどん下がっていってしまいます。

 

国もこのような空き家の問題を重く見ており、これまで税制上優遇されていたものが「非居住物件」として固定資産税が6倍になったり、譲渡時の利益控除が受けられないなど、税制上の優遇をなくそうとしています。

 

つまり、空き家を放置していることはデメリットが大きいのです。

 

それを解決するのが、事業用に貸し出すことです。

 

空き家は事業用に貸し出すなど活用しよう


 

空き家は居住用の賃貸の他、事業用に貸し出すことが可能です。

 

店舗や民泊などに活用されている空き家もあります。

 

居住用と異なり、水回りが古くても借り手が付いたり、高めの金額で貸すことができるなどメリットもあります。

 

また、建物が古かったり傷みが激しい場合は、空き家は取り壊してしまって更地にした土地を貸し出すこともおすすめです。

 

駐車場として貸し出したり、レンタル倉庫を作るなど活用の方法があります。

 

初期費用はかかりますが、事業がうまくいけば利益も出る上に事業ごと売却も可能なので、空き家を遊ばせておくよりも大きなメリットがあります。


空き家放置は様々なデメリットが!事業用で貸し出すことを検討しよう


 

まとめ


 

空き家は、放置してもメリットはほとんどありません。

 

また、対処が遅くなるほど資産価値が減少する結果にもなります。

 

空き家となった場合は、なるべく早い段階でどのように扱うかを決定するようにしましょう。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|長次郎 ヒルトンプラザ ランチ   記事一覧   テナントオーナー必見!不動産所得の扱いは事業所得になるの?|次へ ≫

トップへ戻る