大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > テナント物件に入居する前に知っておきたい!ゴミ出しの規則とは

テナント物件に入居する前に知っておきたい!ゴミ出しの規則とは

≪ 前へ|店舗の在庫管理のポイント!システム導入の要否   記事一覧   収益物件の売却前に知っておきたい!減価償却と売却のタイミングとは|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング
テナント物件に入居することが決まって、心をウキウキさせている方もいるかもしれませんが、どうしても関係してくるのが「ゴミ出し」です。

なんとなくでゴミを出していたら、実は間違いだったなんてことにならないように、事前に規則について知っておきましょう。

ゴミ出しのイメージ画像


今のうちから気をつけたい!テナント物件のゴミ出しの分別規則


テナントに入っているお店や事業所が出したゴミは、家庭用のゴミとは違う扱いになります。

ですから、今まで通りゴミ置き場に置こうとしていた方は要注意です。

事業系ゴミは専門に処理をしてくれる業者がいるので、その業者と事前にやりとりをしてゴミを回収してもらう必要があります。

ゴミ出しはビルのオーナーの責任ではなく、借りている側にきちんと処理する責任があります。

ゴミの処理に関するトラブルは多いので、正しい知識をもって規則を守ることを心がけておくと、周りとの関係も良好になるでしょう。

ゴミが出やすい飲食店などは、とくに気をつけておいたほうがいいですね。

テナント物件のゴミ出しの規則~大阪市の場合~


テナント物件のゴミが事業系ゴミに分別されることは先ほど述べましたが、実は回収方法にはもう一つあります。

それは各自治体の清掃局に回収してもらう方法です。

この方法は、自治体の発行するゴミの処理券を購入してゴミ袋に貼って回収してもらうのですが、あまり一般的ではありません。

とは言え、あまりゴミの出ない業態であればこちらの方法もオススメです。

大阪市のルールでは、事業系ごみはさらに2つに分かれます。

それは「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」です。

産業廃棄物とは「紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・廃プラスチック・金属くず・ガラスくず・複数の素材でできたもの・そのほか」を言います。

事業系一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の「紙くず(リサイクルに向かない紙)・木くず(机・椅子・タンスなど)・繊維くず(毛布・絨毯など)・動植物性残さ」です。

これらは自分で処理するか、業者に委託して処理をする必要があります。

リサイクルができるものはリサイクル専門の業者に委託し、廃棄するものは産業廃棄物と事業系一般廃棄物でそれぞれ専門の業者に回収してもらいましょう。

また一定の要件を満たす場合は、自分で焼却工場にゴミを持ち込んで処理することもできます。

きちんと大阪市の規則に従い、分別や処理をするように心がけましょう。

まとめ


リサイクルのイメージ画像


テナント物件のゴミ出しには、いくつかの方法があります。

事業をする者の責任として知っておきたいポイントですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|店舗の在庫管理のポイント!システム導入の要否   記事一覧   収益物件の売却前に知っておきたい!減価償却と売却のタイミングとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る