大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > アパレル経営の繁忙期はいつ?繁忙期対策で売り上げアップを目指そう!

アパレル経営の繁忙期はいつ?繁忙期対策で売り上げアップを目指そう!

≪ 前へ|事務所の明るさを快適にするには?基準を知り生産性をアップさせよう   記事一覧   事業用物件の購入に頭金は不要?投入するメリットやデメリットとは|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

どんな企業にも仕事量や来客数が多い繁忙期というものがあり、その時期は業種によって異なります。

 

繁忙期は売り上げを伸ばす大切な時期なので、各業種さまざまな工夫をおこないますが、アパレル業界における繁忙期はいつにあたるのでしょうか?

 

アパレル経営における繁忙期対策のコツも一緒におさえ、繁忙期をうまく乗り切りましょう!


アパレル経営のイメージ画像


アパレルの経営の繁忙期はいつ?

 

アパレル経営の繁忙期はお客さんがたくさん来店する時期を指し、もっとも忙しいのは12月~1月にかけてというケースが多くみられます。

 

12月~1月は年末・年始のセール時期で、お正月の連休もあり普段より多くのお客さんが来店するからです。

この時期はクリスマスや新年といったイベントの多い時期でもあり、プレゼントや新生活に向けて買い物をするお客さんも増えます。

 

アパレル経営では、まさに12月~1月が書き入れ時といえるでしょう。

 

また、アパレル業界ではレジやフィッティングのサポートがメインの仕事となりますが、在庫管理や整理整頓、多店舗や本社とのやりとりなど仕事は多岐にわたります。

 

繁忙期以外の時期であればスムーズにこなせる業務でも、繁忙期となると接客がメインとなり、そのほかの業務がなかなか進みません。

 

それに加えラッピングや整理整頓、品出しの回数も増え、人出不足の時期でもあるため売り場のスタッフはとても忙しくなります。

 

繁忙期とは対照的に、来店数の少ない時期を閑散期と呼ぶのですが、繁忙期後の2月などが当てはまります。

 

時間を持て余してしまうことも多く、暇疲れを感じるスタッフも多いようです。

 

アパレル経営で実践したい繁忙期対策

 

繁忙期のイメージ画像


繁忙期は売り上げを伸ばすチャンスでもあるため、アパレル経営でもさまざまな対策や工夫が必要です。

 

お得意様に向けてDMを発送したり、取り置きをしたりすると販促につながりますし、ディスプレイや接客を工夫するのも一つの手です。

 

そして売場スタッフのモチベーションが何よりも大切なので、声かけの徹底や朝礼で目標を立てるなどチームワークを心がけるようにしましょう。

 

また、店舗によってはインカムを使用し、スタッフ同士コミュニケーションをしっかり取れるよう対策しているところもあります。

 

アパレル経営者は、スタッフ一人ひとりが繁忙期に向けて意識を高められるよう多方面からサポートを行うことが大切です。

 

まとめ

 

アパレル経営における繁忙期や繁忙期への対策についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

お客様の来店が増え、業務量が増えるアパレル経営の繁忙期は、売り上げを伸ばす大切な時期でもあります。

 

繁忙期に有効な対策を行いながら顧客満足度を高め、安定した経営に繋げていきましょう。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|事務所の明るさを快適にするには?基準を知り生産性をアップさせよう   記事一覧   事業用物件の購入に頭金は不要?投入するメリットやデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る