大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > オフィスでたばこを吸うためには?法改正に基づいた喫煙方法を紹介

オフィスでたばこを吸うためには?法改正に基づいた喫煙方法を紹介

≪ 前へ|事務所を移転するときは電気容量に注意!契約アンペアを確認しよう   記事一覧   またきたの 梅田第3ビル ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

これまで病院や学校など一部の公共施設が「敷地内禁煙」とされてきましたが、202041日からオフィス屋内での禁煙も原則禁止となりました。

 

「望まない受動喫煙」を防ぐため、事業主として取り組むべきことがあります。

 

そこで今回は、健康増進法の改正にともない、オフィスの「たばこ問題」にフォーカスを当ててまとめました。

 

オフィスでたばこを吸うためには?法改正に基づいた喫煙方法を紹介


法改正によりオフィスが全面禁煙に!たばこの健康被害を考えよう


 

健康増進法の改正により、202041日からオフィスは全面禁煙となりました。

 

健康増進法とは、日本国民の健康増進を図ることを目的に20035月に施行された法律です。

 

20187月には健康増進法の一部が改正され、「望まない受動喫煙」を防止するためのルールがあらたに定められました。

 

これまでは病院や学校内など一部の敷地内を原則禁煙としていましたが、202041日よりオフィスや飲食店などすべての屋内で原則禁煙です。

 

法改正の内容は、以下のとおりです。

 

・屋内での喫煙は一部を除き原則禁止

20歳未満の人は喫煙エリアへの立ち入り禁止

・屋内での喫煙には喫煙室の設置が必須

・喫煙室には標識を掲示することが義務付けられる

 

受動喫煙は、脳卒中や肺がん、乳幼児突然死症候群などの疾患を引き起こすリスクがあります。

 

一国民としてだけではなく、事業所の管理者としての対応も十分におこない、「望まない受動喫煙」の防止に努めましょう。

 

法改正後もたばこOKのオフィスにするには分煙室の設置が必須


 

法改正が施工されたとはいえ、オフィスでの喫煙を望む企業もあるかと思います。

 

喫煙可能なオフィスにするためには、厚生労働省が通知している条件をクリアした「分煙室」の設置が必要です。

 

分煙室には「喫煙専用室」と「脱煙機能付きブース」の2種類があります。

 

設置するための条件やメリット・デメリットを、詳しく説明します。

 

<喫煙専用室をつくる>

 

喫煙専用室とは、喫煙のみを目的とした部屋のことです。

 

オフィスに喫煙専用室を設置するためには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

 

・喫煙室の出入り口から流れ込む空気の気流が0.2メートル/秒以上

・喫煙室内からオフィス内にたばこの煙が流出しないように壁や天井で囲まれている

・たばこの煙が屋外に排気される設計になっている

 

個室化した喫煙専用室をつくれるため、受動喫煙防止の効果が高いことがメリットです。

 

しかし、大がかりな内装工事が必要になるためコストがかかる、貸しビルなどでは工事の許可がおりない可能性もあることがデメリットです。

 

<脱煙機能付きブースを設置する>

 

脱煙機能付きブースとは、ボックス型の喫煙専用ブースのことです。

 

オフィスに脱煙機能付きブースを設置するためには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

 

・総揮発性有機化合物の除去率95%以上

・浄化されて屋外に排気された煙の浮遊粉じん量が0.015ミリグラム/立法メートル以下

 

脱煙機能付きブースの設置は、内装工事をしなくても簡単に設置できることがメリットです。

 

屋外へたばこの煙を排気することが難しいオフィスでも、分煙室を手軽につくれます。

 

設置するための費用はかかりますが、喫煙専用室をつくるよりもコストをおさえることが可能です。

 

オフィスでたばこを吸うためには?法改正に基づいた喫煙方法を紹介



まとめ


 

受動喫煙の健康被害は、深刻な問題です。

 

たばこを吸う人も吸わない人も快適に仕事ができるように、喫煙環境を整えましょう。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください
≪ 前へ|事務所を移転するときは電気容量に注意!契約アンペアを確認しよう   記事一覧   またきたの 梅田第3ビル ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る