大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 事務所に音楽を流すと効率アップ!BGMのメリット・デメリットを紹介

事務所に音楽を流すと効率アップ!BGMのメリット・デメリットを紹介

≪ 前へ|事務所にエントランスが必要な理由はコレ!好印象をあたえる重要な役割を紹介   記事一覧   事務所のレイアウトで仕事のしやすさは変わる!注意するべきポイントとは?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

近年、事務所でBGMを流す企業が増えているのをご存知ですか?

 

「リラックス効果」や「気分の高揚効果」がある音楽は、職場の環境づくりに役立つアイテムのひとつです。

 

しかし間違った使い方をすると、従業員にストレスをあたえてしまう恐れもあります。

 

この記事では、事務所で音楽を流すメリット・デメリットを紹介します。

 

音楽を上手に取り入れれば、仕事の効率アップも期待できますよ。

 

事務所に音楽を流すと効率アップ!BGMのメリット・デメリットを紹介



事務所で音楽を流すメリットとは?効率がアップするBGMの流し方も紹介


 

集中できる環境は、人それぞれ違います。

 

しかし、あまりにも静かな環境では、緊張感が広がってしまうこともあるでしょう。

 

自分の話し声や物音が周囲の人たちの邪魔にならないかと、かえって気を使ってしまう場合もあります。

 

静かすぎる職場では、仕事の効率が下がる恐れもあるのです。

 

事務所に音楽を流すことで得られる大きなメリットは、従業員の集中力がアップすることです。

 

車や電車、OA機器や電話など、仕事をしているとさまざまな「雑音」が耳に入るかと思います。

 

雑音は集中力を低下させる原因のひとつ。

 

事務所に音楽を流せば雑音を紛らわして、従業員の集中力を高める効果が期待できます。

 

<どんな音楽でも効果があるの?>

 

職場で流す音楽は、リラックスできる曲やモチベーションが上がる曲、集中力が高まる曲を選ぶことをおすすめします。

 

世代や年代問わず受け入れやすい音楽は「クラシック」です。

 

作業の邪魔にならず、集中力が高まり仕事の効率がアップするでしょう。

 

有線放送などのBGM専門チャンネルを活用すれば、事務所にぴったりの曲を簡単に選べますよ。

 

事務所で音楽を流すデメリットとは?BGMによっては効率を下げる恐れも


 

事務所のBGMは、ただ流しているだけでは意味がありません。

 

音楽の流し方に注意しなければ、作業の邪魔になる可能性もあります。

 

同じ環境に長時間いることで、苦痛を感じる人もいるでしょう。

 

そのため職場で流すBGMは、同じ曲ばかりにならないように工夫する必要があります。

 

おすすめなのは、時間帯で曲を変えることです。

 

午前と午後で曲を変える、休憩時間は曲を変えるなど、状況や気分に合わせて選曲するとよいでしょう。

 

歌詞がある音楽だと気を取られてしまい、仕事の効率を下げる可能性もあります。

 

また、ポップやロックは好みに差があり不快に感じる人もいるので、従業員みんなが快適に作業できるものを選びましょう。

 

BGMの音量が大きすぎると会話が聞き取れなかったり、作業に集中できなかったりと、デメリットにもつながります。

 

効率のよい仕事をおこなうためにも、選曲や音量には気を配ることが大切です。

 

事務所に音楽を流すと効率アップ!BGMのメリット・デメリットを紹介



まとめ


 

BGMを上手に活用すれば、仕事に集中しやすい職場をつくることができます。

 

仕事を効率よくおこなうために、事務所に音楽を流してみるのはいかがでしょうか。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|事務所にエントランスが必要な理由はコレ!好印象をあたえる重要な役割を紹介   記事一覧   事務所のレイアウトで仕事のしやすさは変わる!注意するべきポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る