大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > テナントの工事区分とは?A工事・B工事・C工事の違いを徹底解説

テナントの工事区分とは?A工事・B工事・C工事の違いを徹底解説

≪ 前へ|事務所にウォーターサーバーを導入するメリットとは?   記事一覧   学者 野田阪神 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

オフィス移転や店舗出店のために必要なテナント工事には「工事区分」が存在します。

 

工事区分によって施工業者や工事費用負担者に違いがあり、内容を理解していなければトラブルにつながる恐れも…。

 

この記事では、テナントの工事区分や費用をおさえるポイントを紹介します。

 

テナントを借りようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

テナントの工事区分とは?A工事・B工事・C工事の違いを徹底解説


テナントを工事する際に理解しておくべき3つの区分とは?

 

テナント工事には「A工事」「B工事」「C工事」3つの区分があります。

 

工事の区分は、「施工業者を発注する人」および「工事費用を負担する人」が誰なのかによって決まります。

 

どの工事がどの区分になるのかを理解していないと、オーナーや業者とトラブルになる恐れも…。

 

以下でそれぞれの内容を確認していきましょう。

 

<工事区分①A工事>

 

A工事とは、テナントが入っているビル本体を工事するときの区分です。

 

ビルの躯体工事や外装工事、通路やエレベーターなどの「共有部分」の工事が該当します。

 

・施工業者:オーナー指定業者

・工事費用負担者:オーナー

・所有権:オーナー

 

建物の劣化補修や、資産価値を下げないことを目的とした工事のため、業者発注や費用負担はすべてオーナーと覚えておきましょう。

 

<工事区分②B工事>

 

B工事はビル本体に関わる工事ですが、借り主の要望で「テナント専有部分」を工事するときに区分されます。

 

空調や分電盤、排水設備など、専有部分にあるがビル全体の安全性に関わる工事が該当します。

 

・施工業者:オーナー指定業者

・工事費用負担者:借り主

・所有権:オーナー

 

他のテナント入居者に影響が出る工事は、オーナーの許可を得ないと工事ができないので注意しましょう。

 

<工事区分③C工事>

 

C工事とは、入居するテナントの内装を工事するときの区分です。

 

クロス張り替え、照明器具の設置、電話や配線工事などが該当します。

 

施工業者:借り主指定業者

工事費用負担者:借り主

所有権:借り主

 

ビル全体に影響が出ない工事で、原状回復可能な箇所の工事と覚えておきましょう。

 

テナントの工事費用を抑えるには?区分別にポイントを紹介

 

A工事の費用はオーナーが負担するので問題ありませんが、B工事は注意が必要です。

 

B工事はオーナー指定の業者が施工しますが、費用の支払いは借り主になります。

 

そのため「わざわざ値下げ交渉をする必要がない」と考えるオーナーも多く、相場よりも高い見積金額を提示されることも…。

 

ほとんどのケースは相場の1.5~2倍ほどですが、なかには4倍もの金額を提示される場合もあります。

 

見積金額に納得できない場合は、A工事にしてもらえないかオーナーに交渉するか、同内容の見積もりをC工事の業者に依頼して値下げ交渉をしましょう。

 

C工事に割り当てられる工事が多いほど、費用をおさえられます。

 

C工事は相見積もりを取り、工事内容や工事費用を比較して業者を選びましょう。

 

ビルによって該当する工事区分が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

 

テナントの工事区分とは?A工事・B工事・C工事の違いを徹底解説


まとめ

 

テナント工事は、どの工事区分に当たるのか把握することが大切です。

 

区分の内容を理解して、高額支払いなどのトラブルを防ぎましょう。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください

≪ 前へ|事務所にウォーターサーバーを導入するメリットとは?   記事一覧   学者 野田阪神 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る