大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > オフィス・事務所物件は内見が重要!内見時のチェックポイントとは?

オフィス・事務所物件は内見が重要!内見時のチェックポイントとは?

≪ 前へ|バックオフィスのアウトソーシングとは?メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   新浪花 梅田 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

オフィスや事所を借りる前の内見では、どのようなポイントチェックしておくべきでしょうか。


この記事では、事務所を借りる、または移転を検討されている方に向けて、オフィス・事務所物件の内見で重要なポイントやおすすめの持ち物などをご紹介します。


オフィス・事務所物件の内見で重要なポイントとは?


オフィス


オフィスを新たに借りる場合や移転を検討しているとき、内見は重要です。


契約後に思い通りのオフィスにならないということがないように、内見で重要となるポイントをご紹介します。


まずチェックしておきたいのは、希望通りのレイアウトが実現できるかという点です。


会議室や打ち合わせコーナーを設置するのか、デスクは何席かなどの実現したいレイアウトが可能かどうかは空調や照明、柱の位置などでチェックできます。


天井の高さ、眺望、日当たり、室内の明るさも内見でしっかりチェックしましょう。


また、見落としがちですがオフィスの電波状況も重要です。


業務に支障をきたさないように、契約前にすべてのキャリアの電波状況をチェックしておくことをおすすめします。


パソコンなどを多く使用する予定であれば、電気の容量が不足しないか、コンセントの配置は問題ないかも確認しておくと良いですね。


また、ビルの一室を借りる際は、そのビルの外観や共用部分、エントランスやエレベーターなどもチェックしておきましょう。


お客様が来訪することが多いオフィスであれば、エントランスやビルの外観なども企業のイメージを印象づけるのに重要なポイントです。


そのほか、トイレが男女別か、設備は古くないか、事務所内部にあるのか他社と共用なのかも確認しておきたいポイントです。


オフィス・事務所物件で重要な内見での持ち物は?


メジャー


重要な内見、チェックしておきたいポイントをおさえるために以下の持ち物を持っていくと良いでしょう。


まず、基本的な持ち物として筆記用具とメモ用紙、そして事前に入手したオフィスの図面です。


希望のレイアウトが実現できるかをチェックするためには、メジャーを持っていくと各所の寸法を測定できます。


レイアウトを検討するためにオフィスのさまざまな場所を撮影しておくとスムーズですので、カメラも必要ですね。


もちろん、スマートフォンのカメラでも大丈夫です。


改装工事中の物件では、床が汚れていることもあるので室内履きを持っていくと良いでしょう。


まとめ


この記事では、事務所を借りる、または移転を検討されている方に向けて、オフィス・事務所物件の内見で重要なポイントやおすすめの持ち物などをご紹介しました。


オフィス選びはとても重要ですので、今回ご紹介したポイントをふまえて内見に挑みましょう。


また、内見までに希望のレイアウトやオフィスのイメージを決めておくことをおすすめします。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|バックオフィスのアウトソーシングとは?メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   新浪花 梅田 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る