大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 今私たちが目指す未来へつながる!テナントで借りたいZEBとは

今私たちが目指す未来へつながる!テナントで借りたいZEBとは

≪ 前へ|事務所の立ち上げに必要といわれるチャットボットとは?   記事一覧   串の坊 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

皆さんは、SDGs(持続可能な開発目標)を知っていますか?


世界では、私たちが未来のためにできる目標を持ちそれを実行することをすすめています。


最近では、そのひとつとしてZEBの取り組みも進められています。


今回はテナントを借りようと検討している方に向けてZEBとは何か、その意味やメリットについてお伝えします。


ぜひ、テナントを借りるときの参考にしてみてくださいね。


テナントを借りるならZEBがおすすめ!その定義とは


テナント


ではZEBとは、いったいどういうビルなのでしょうか。


ZEBとは「Zero Energy Building」の略でビル全体でエネルギーを生産し、そのビルで使うエネルギーをまかなうことを目指した建物のことです。


環境省などではZEBを目指すことを推進していて、最近ではホームページなどで周知に努めています。


そして、ZEBを目指すためには、省エネルギーの技術とエネルギーを作り出す技術の両方が必要です。


省エネルギーの具体的な例として効率の良い照明や空調、自然換気や自然通風などが挙げられるでしょう。


作り出す技術は太陽光発電や風力発電、地下水や地中熱の利用などが考えられます。


また、実際に運用するためにはエネルギーをマネジメントする技術も必要になります。


最近ではZEBの定義も拡充され、延床面積が10,000平方メートル以上の建物で省エネルギーの実現に向けて措置をとった建築物を「ZWB オリエンテッド」、省エネルギーによって50%までエネルギーを削減したものを「ZEB レディ」、省エネルギーとエネルギーを作り出すことによって25%以下までエネルギーを削減したものを「ニアリィー ZEB」と定義されています。


今では大手のゼネコンがZEBに対して高い意識を持ち、さまざまな方法で建築に着手しています。


そのようなビルに入ることで、多くのメリットが考えられます。


では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ZEBを導入しているテナントビルに入るメリットとは?


メリット


一番のメリットは、光熱費でしょう。


部屋が省エネルギーでデザインされていること、作るエネルギーによって消費エネルギーをまかなっていることで、光熱費を約50%も削減できる場合もあります。


このメリットは、とても魅力的ですね。


また、これからの時代は会社がどのような取り組みをすべきかが多くの人に注目されるでしょう。


ZEBのテナントに入ることで、社員の作業効率や意欲向上などさまざまな効果を期待できます。


そのため、ZEBの取り組みはそのまま自社の営業につながります。


また、まだ新しいZEBの取り組みにいち早く共感した会社としての姿勢も評価されることでしょう。


このようにZEBのメリットは光熱費のような実質的なものから、取り組む姿勢に対してなど、幅広く期待できるでしょう。


まとめ


今回はテナントをお探しの方にZEBとは何か、さまざまな情報をお伝えしてきました。


ZEBのテナントに入ることで、生産性の向上や評価も期待でき、光熱費も削減できるメリットもあるため、ぜひこの機会にZEBでのテナントを検討してみてはいかがでしょうか。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。


これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください


≪ 前へ|事務所の立ち上げに必要といわれるチャットボットとは?   記事一覧   串の坊 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る