大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 保険の知識!店舗総合保険について知っておこう

保険の知識!店舗総合保険について知っておこう

≪ 前へ|しろや 西梅田 ランチ   記事一覧   事務所の立ち上げに必要といわれるチャットボットとは?|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

保険にはさまざまな種類がありますが、今回は店舗を借りたい方に向けて店舗総合保険についてお伝えいたします。


店舗を借りる際に、いろいろなリスクから守ってくれる保険に入ることを考える必要があります。


ぜひこの機会に、店舗専用の店舗総合保険について検討してみてくださいね。


店舗や事務所が対象の店舗総合保険とはどういう保険?


保険


賃貸契約を結ぶ際には保険加入について求められることがほとんどですが、多くの場合にすすめられる店舗総合保険とはどのような保険かお伝えいたします。


店舗総合保険とは、店舗や事務所に損害があった場合に補償される保険です。


補償の内容は火事、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう、雪、建物の外からの衝突、落下、飛来、倒壊、給水施設の水漏れ、集団行為による暴力、破壊、水災です。


これだけの補償であれば、店舗を借りる際にほとんどのリスクはカバーできるでしょう。


店舗総合保険はまさに店舗や事務所を借りる人に対して、適当な保険であることがわかります。


また、これ以上の補償の内容を求める場合は特約もあるので、その店舗に適したものを選ぶと良いでしょう。


そのひとつである、地震保険は考えてみても良いでしょう。


店舗総合保険は、特約で地震に関わる損害の場合は補償しています。


地震の多い、日本ならではの特約ですね。


また、保険金だけでは十分な復旧が期待できない場合は価格協定保険も特約でつけられます。


仕事をできるだけ早く再開したい、そのような時にはこのような特約が必要になってくるのではないでしょうか。


その他飲食業の方などは、店舗賠償責任補償特約なども良いでしょう。


相手に対して、料理をこぼしたり、水漏れをおこしてしまって損害を与えてしまったときなどに補償することが可能です。


店舗総合保険と普通の保険との違いは?


考える


ここでは火災保険を例にして、店舗総合保険との違いをお伝えします。


一番の違いは、補償の範囲が違うことでしょう。


火災保険は火災と自然災害に対しての損害を補償しますが、店舗総合保険は自然災害以外の損害に対しても補償されます。


店舗や事務所を持つ方にとって、建物の外からの被害も考えなくてはなりません。


車が建物に衝突したり、上の店舗からの水漏れなど、自分たちでは防げない損害も考える必要があります。


多くの補償ができる店舗総合保険です。


これだけの補償が可能であれば、ぜひ検討したい保険でしょう。


まとめ


今回は、店舗を借りたい方に向けて店舗総合保険についてお伝えしました。


特約を含め、その店舗にあった補償を考えることはとても大切です。


私たちは貸すことだけでなく、そのような補償内容についてもお伝えすることが可能ですので、ぜひこの機会にご検討ください。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。


不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|しろや 西梅田 ランチ   記事一覧   事務所の立ち上げに必要といわれるチャットボットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る