大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 店舗を借りる際に業種別でみる駐車場の必要性を解説

店舗を借りる際に業種別でみる駐車場の必要性を解説

≪ 前へ|店舗を借りる際に役立つ権利金と礼金の違いを解説   記事一覧   えびのや 第三ビル ランチ|次へ ≫
カテゴリ:店舗コンサルティング

駐車場の有無は、お店の売り上げを左右する重要な要素です。

 

車で来店する人が多い場所で駐車スペースがなかったら、客足が遠のいていきます。

 

一方、車での利用が少ないのに広い駐車場がある店舗を借りたら、無駄な賃料が出てしまいます。

 

そこで、どのような場合に駐車スペースが必要なのか、業種別や立地別に解説いたします。

 

店舗を借りる際に業種別でみる駐車場の必要性を解説



どのような店舗に駐車場が必要なのかを業種別で解説


業種別にみると、お客さんの荷物がそれなりに多くなる小売店は駐車場の必要性が高いといえます。

 

特に、駅から離れている郊外の店舗は、車で来店してまとめ買いする人が多いため、駐車場のニーズはさらに高まります。

 

ホームセンターのような大型商品を取り扱う店舗は、車で来店する人が特に多くなります。

 

さらに、商品を配達するための社用車の駐車スペースを確保できる店舗であればベストでしょう。

 

向けの飲食店は、赤ちゃんやお年寄りを含めて、幅広い世代のお客さんが来店します。

 

家族みんなが車で来店することも多いため、駐車場つきの店舗のほうが利便性は高くなります。

 

お酒を提供する飲食店は、徒歩の来店者が大部分のため、駐車場が必要ない場合もあります。

 

美容室やネイルサロンなどの美容系も、持ち帰る荷物がありませんので、駐車スペースなしの店舗でも問題ないでしょう。

 

店舗に駐車場が必要な場合 業種別で最適な選び方


店舗を探す際、業種別の違いと立地の違いのふたつに注目した選び方が適切です。

 

近くに商店街があるエリアなら、自転車でまわる人が多いため、駐輪スペース程度が確保できる店舗がベスト。

 

集客が見込める駅前の店舗を重点的に探し、車で来店する人向けにコインパーキングの有無をチェックする選び方がおすすめです。

 

大型商品を取り扱う、ファミリー層をターゲットとするお店は、ある程度の広さの駐車場がないと集客を見込めません。

 

大型の商品を取り扱う場合、駅前で大きな駐車場がある店舗を見つけることは難しく、もしあったとしても、賃料はかなり高額になります。

 

さらに、売り場スペースもそれなりの広さが必要となるため、地価が安い郊外に着目する選び方が妥当です。

 

郊外でお店を運営する場合では、車で通勤するスタッフも増えることから、従業員用スペースも念頭に置いて探すようにしましょう。

 

業種別にみると、駐車場が必須ではないケースもありますが、車での移動を好む人もいるため、駅前であっても、数台駐車できるにこしたことはありません。

 

業種別で事情が異なりますが、コインパーキングのほか、ドライブスルー、配送サービス、出張サービスなどの販売方法を検討してみるのも良いでしょう。

 

店舗を借りる際に業種別でみる駐車場の必要性を解説



まとめ


業種別にみると、駐車場があったほうがいいお店と、最低限で済むお店がありますね。

 

業種別あるいは立地のニーズにあわせて、駐車場の有無や販売方法を検討することも一案です。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|店舗を借りる際に役立つ権利金と礼金の違いを解説   記事一覧   えびのや 第三ビル ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る