大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 任意売却とは何?通常売却との違いを解説

任意売却とは何?通常売却との違いを解説

≪ 前へ|家賃が発生する収益物件を相続した場合の注意点   記事一覧   ミリアバーガー 新町 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:任意売却

任意売却とは、住宅ローンを返済できないときに検討する不動産の売却方法の一つです。

 

住宅ローンを借り入れている金融機関から、この売却方法を勧められた方もいらっしゃるかと思います。

 

任意売却は、一般的な売却方法とは異なる特徴があるため、それを具体例とともに解説します。

 

任意売却と通常売却とは何か①:違い

 

任意売却とは何?通常売却との違いを解説


 

任意売却とは、金融機関と話し合ったうえで住宅を売ることです。

 

住宅ローンを滞納している場合や、売却価格よりも住宅ローンの未返済分が多いときに、任意で売却することになります。

 

所有者が自らの判断で売る通常売却とは違い、任意売却は債権者である金融機関の同意が必要。

 

なぜなら、住宅ローンの残額が残っているため、担保が設定された状態にあるからです。

 

任意売却と通常売却は、金額を決めるプロセスにも違いがあります。

 

売主が不動産の査定を自らおこない、不動産仲介会社に売却を依頼するのが通常売却となっており、こちらは売りに出す期間に決まりはないため、自分が納得できる価格で売れるまで、時間をかけて販売活動できます。

 

それに対して任意売却は、金融機関が独自のルートを駆使して査定をおこない、売却価格を決定します。

 

売却までにかける時間も、通常売却とは大きく違います。

 

通常売却は、納得できる価格で売れるまで、腰を据えて販売活動をしますが、任意売却は高額かつ迅速に売ることを重視します。

 

このように早く結果を出すことを重視するため、通常売却よりも価格を低めに設定する傾向があります。


任意 売却


任意売却と通常売却とは何か②:具体例

 

ここで具体例として紹介する家庭は、ローンの残高が2,000万円残った状態で、住宅を売りに出す予定であるとしましょう。

 

この2,000万円を手元資金などで完済した場合は、通常売却が可能となります。

 

不動産が2,500万円で売れた場合、差額として残った500万円は売主のものになるため、自由に使ってかまいません。

 

もう一つの例は、負債が残るパターンです。

 

ローンで借り入れた2,000万円のうち、不動産の売却により1,500万円のみ返済できたとしましょう。

 

この場合、500万円は負債として残るため、金融機関と話し合ったうえで、分割払いする流れになります。

 

本来、住宅ローンが残っている物件は、抵当権がついているため売りに出せません。

 

それにもかかわらず、金融機関が任意売却を認めるのは、売却価格がさらに下がることを避けるためです。

 

住宅ローンの返済が困難で、売りに出すこともできない場合、不動産は競売にかけられます。

 

そうなると、任意売却よりもはるかに不動産の価格は下がり、住宅ローンの残額が多く残ってしまいます。

 

それゆえ金融機関は、回収金額が少なくならないように、任意売却を認めているのです。

 

まとめ

 

ローンが残っている段階で不動産の売却を決断したら、まずは残額を返済して通常売却を目指します。

 

とはいえ、どちらの売却方法がいいのかは状況により異なりますので、気になる方は専門家に問い合わせてみても良いでしょう。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
≪ 前へ|家賃が発生する収益物件を相続した場合の注意点   記事一覧   ミリアバーガー 新町 ランチ|次へ ≫

トップへ戻る