大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続に関するトラブルを防ぐために有効な遺言書とは?

相続に関するトラブルを防ぐために有効な遺言書とは?

≪ 前へ|親がだれかの連帯保証人である場合の相続に関して注意すべきポイントとは?   記事一覧   海匠 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

亡くなった方が持っていた財産の相続に関して、家族の間でトラブルが起きるケースは珍しくありません。

 

財産がある方は、遺言書を残しておけば、残された家族が争うようなことを避けられます。

 

しかし遺言書といっても、書き方がよくわかりませんよね。

 

またどんな効力があるのかをくわしく知っている方も少ないでしょう。

 

そこで今回は、相続に関するトラブルを未然に防ぎたいと考えている方へ向けて、遺言書についてご説明します。

 

相続に関するトラブルを防ぐために有効な遺言書とは?



相続に関するトラブルを防ぐ遺言書の書き方とは?


 

みなさんは、遺言書には3種類あることをご存じですか?

 

書き方や手続き方法も違いますから、どの遺言書が自分に合っているのか検討してみてください。

 

<自筆証書遺言とは>

 

遺言者が、日付・全文・氏名を自分で書き、押印するだけで完成します。

 

特別な手続きは必要ないので、思い立ったらすぐにでも作成できます。

 

財産目録については、自筆のものでなくてもかまいません。

 

開封の際は、遺族が家庭裁判所に提出し、検認をしてもらう必要があります。

 

<公正証書遺言とは>

 

証人に立ち会ってもらい、公証人が遺言の内容を作成します。

 

遺言者の本人確認ができる書類と実印を用意し、2人以上の証人の立ち会いを条件に公証役場で作成します。

 

相続の際は、公証役場で手続きをしなければいけません。

 

<秘密証書遺言とは>

 

遺言者が自分もしくは代筆を依頼して作成します。

 

しかし作成したものは2人以上の証人とともに公証役場へ持ち込まなければいけません。

 

公証役場で存在を証明してもらった遺言書は、遺言者が自分で保管します。

 

家庭裁判所での検認がなければ開封できません。

 

相続に関するトラブルを防ぐ遺言書の効力とは?


 

次に遺言書の作成にあたって、その効力について知っておきましょう。

 

<知っておくべき効力とは?>

 

・相続の指定

・特定の相続を廃除

・法定相続人ではない人への相続が可能

・執行者や後見人の指定

・保険金受取人の変更

 

財産のうちの何を、またどのくらい譲るかを指定できます。

 

籍を入れずに同居している人やその子供など、法定相続人ではない人に譲ることも可能ですし、反対に法定相続人の権利を奪うことも可能です。

 

お世話になった人や、指定する団体に財産を遺贈するケースもあります。

 

また、書かれた内容を執行する人や、子供が未成年の場合に財産を管理する後見人の指定もできるので、依頼できる人を決めておくようにしましょう。

 

さらに、生命保険の保険金受取人の変更も可能ですよ。

 

相続に関するトラブルを防ぐために有効な遺言書とは?



まとめ


 

今回は、相続に関するトラブルを防ぐために有効な遺言書についてご説明しました。

 

大切な財産ですから、しっかりと自分の意思で譲りたいですよね。

 

種類が3つありますので、書き方や手続き方法を考慮しながら選ぶように注意して、スムーズに相続するために遺言書の作成をおすすめします。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください
≪ 前へ|親がだれかの連帯保証人である場合の相続に関して注意すべきポイントとは?   記事一覧   海匠 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る