大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税の物納制度とは?物納するための要件と注意点について解説

相続税の物納制度とは?物納するための要件と注意点について解説

≪ 前へ|ミリアバーガー 新町 ランチ   記事一覧   親がだれかの連帯保証人である場合の相続に関して注意すべきポイントとは?|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

不動産を相続したとき、多額の相続税を納めなければならない場合が多くあります。

 

しかし万が一相続税を払えない場合、財産を相続した者は「物納」と呼ばれる制度を利用できることをご存じでしょうか。

 

この記事では相続財産の大部分を占める不動産において、相続税の支払いの代わりに物納するための要件とは、利用時の注意点とはついてご解説します。

 

相続税の物納制度とは?物納するための要件と注意点について解説



相続税の支払いで物納するための要件とは


 

はじめに「物納」とは、相続税の支払いが困難な相続者が、金銭以外の財産を相続税として納付できる制度のことを指します。

 

この物納制度は、相続税が支払えない場合の最終手段として用いられるため、利用要件も厳しく設定されていることが特徴です。

 

相続税を物納できるのは、税の延納でも支払いが厳しい場合に限ります。

 

また、物納適格財産や優先順位は決まっているため、相続人の思い通りの財産を物納できるとは限りません。

 

物納適格財産とは、優勢順位の高い順に不動産、船舶、国債証券、地方債証券、上場株式、最後に動産が対応しています。

 

また優先順位が高い財産のなかにも、境界線が不明瞭な土地や共有財産、管理に特殊技能が必要な土地や建物などは物納不適格財産とされ、物納できません。

 

もう一つ重要な要件として、物納申請書や関連書類を申告期限までに税務署に提出する必要があります。

 

期限は相続発生日の翌日から10カ月以内ですが、事情があって提出が困難な場合に限り、最長1年まで期限を延長できます。

 

 

相続税の支払いで物納する際の注意点とは


 

相続税の支払いで物納を選ぶ場合の注意点は大きく分けて2つあります。

 

1つ目の注意点は、上記で説明した通り物納制度を利用するための要件が厳しいため、申請が却下される可能性があることです。

 

物納申請が通らず、納税を延滞した際には延滞期間に対する利子税を払わなければいけないため、手続きはできるだけ早く行いましょう。

 

2つ目の注意点は、物納は相続税評価額に応じて定められるため、物納するよりも売却してしまったほうが好条件となる可能性があることです。

 

相続税評価額とは相続税の計算で基準となる課税額を指し、1平方メートル単価に敷地面積を掛ける計算方法と、固定資産税に各税務署が定めている値を掛けて求める計算方法があります。

 

相続税の物納制度とは?物納するための要件と注意点について解説



まとめ


 

相続税の支払いが延滞してでも困難な場合に、現金の代わりに財産を納められる物納制度をご紹介しました。

 

物納する際はクリアしなければいけない要件が多いため、一つずつ確実に満たせるよう、ぜひこの機会にチェックしてみるのはいかがでしょうか。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。

 

これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください
≪ 前へ|ミリアバーガー 新町 ランチ   記事一覧   親がだれかの連帯保証人である場合の相続に関して注意すべきポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る