大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > エンディングノートってなに?遺言書との違いとは?

エンディングノートってなに?遺言書との違いとは?

≪ 前へ|財産を相続人以外に譲る遺贈寄付の種類とは?相続税はどうなるの?   記事一覧   家族信託で信頼できる家族に財産を託す!家族信託とはどんなもの?|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

残った家族のために財産をどうするのか、また家族へのメッセージなど、自分の意思を示すために書くものといえばなにを思い浮かべますか?


ほとんどの方は「遺言書」と答えるでしょう。


しかし最近では、自分の意思を書きとめる「エンディングノート」が注目されています。


エンディングノートとは、自分に万が一のことが起きたときのために、家族やまわりの人へ向けて、自分の意思や伝えたいことなどを書きとめておくノートです。


今回は、エンディングノートと遺言書にはどのような違いがあるのかをご説明します。


エンディングノートと遺言書の違いは法的効力!


エンディングノート


「自分の意思を書きとめておくもの」と考えれば、エンディングノートと遺言書は似ています。


この2つの大きな違いは、法的効力があるかないかです。


法的効力とは、書かれた内容について強制させる効力を意味しています。


遺言書には法的効力があるので、財産を譲りたい相手や内容など、相続に関しての内容は、自分の意思通りに執行されます。


しかしエンディングノートにはこの法的効力がないので、自分の希望として書くことはできても、実際に強制させる力はないのです。


エンディングノートと遺言書は書き方にも違いがある


書き方


では実際に自分の意思を書きとめておこうと思った際に、エンディングノートと遺言書のどちらを選べばよいのでしょうか。


実はこの2つには書き方やふさわしい内容にも違いがあるので、それぞれ説明しますね。


<エンディングノートの書き方>


書き方も内容も自由です。


市販されているものでも、自分で用意したノートでもかまいません。


自分の氏名・生年月日などはもちろん、葬儀やお墓に関する希望、家族への感謝の言葉など、伝えたいことはなんでも自由に書けます。


将来自分が意識不明になった場合を想定して、介護や延命治療の件を書きとめておく方もいますよ。


しかし先にもお伝えしたとおり、法的効力がないので、相続に関することを書いても、強制させることはできません。


<遺言書の書き方>


遺言書は、法的効力をもつ正式なものです。


所定の形式を使って、さらに遺言書の種類によっては公証人をたてる必要があります。


エンディングノートには書けない相続人の指定や財産の分け方など、法的効力をもたせたい内容を記載する場合は、こちらをおすすめします。


また遺言書は、亡くなったあとに開封されるものなので、生前の介護や延命治療のことは書けません。


どちらも自分の意思を伝える点では、同じように感じるかもしれませんね。


しかし内容によっては効力が違うので、注意してください。


まとめ


今回は、エンディングノートと遺言書の違いについてご説明しました。


エンディングノートは、家族に対するメッセージのようなイメージですね。


万が一の場合に備えて、先に意思を伝えておけるものですから、伝えたい感謝の言葉や相続に関する大切なことなど、内容によって選んでみてはいかがでしょうか。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|財産を相続人以外に譲る遺贈寄付の種類とは?相続税はどうなるの?   記事一覧   家族信託で信頼できる家族に財産を託す!家族信託とはどんなもの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る