大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 家族信託で信頼できる家族に財産を託す!家族信託とはどんなもの?

家族信託で信頼できる家族に財産を託す!家族信託とはどんなもの?

≪ 前へ|エンディングノートってなに?遺言書との違いとは?   記事一覧   Souple 天満橋 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

自分の財産を家族に託す、家族信託という制度が今注目されています。


認知症対策としてメディアでも取り上げられていますが、家族信託とはどのような制度なのでしょうか。


この記事では、財産を管理運用処分できる権利である家族信託とはなにか、メリット・デメリットを含めお伝えしていきます。


財産を家族に託す家族信託のメリットとは?


家族信託


自分の大切な財産を信頼できる人に託し、管理や運用してもらうことを民事信託とよびます。


その財産を託すのが家族の場合、家族信託とよび、財産を管理承継してもらうことが可能です。


認知症など自分に判断能力がなくなった際に役立つ制度で、それ以外にも家族信託には以下のようなメリットがあります。


・認知症などの影響を受けにくい


認知症などにより判断能力が低下すると、家族でも貯金を下ろしたり契約したりするのが難しくなり、不動産売却にも影響がでてしまいます。


そのようなときは一般的に成年後見制度を利用しますが、家族が選ばれることは少ないほか、財産の運用や処分にも制限があるため、思うように管理できません。


しかし家族信託であれば認知症などの影響を受けずに、親の財産を管理してもらえます。


・遺言の効果がある


家族信託には遺言の効果があり、遺言書を残すのと同等の効果を得られるのがメリットです。


後継者をあらかじめ決められ、3代目以降の後継者も決定できます。


この制度は家族信託のみのメリットで、遺言にはない手続きです。


大切な財産を託す家族信託のデメリットとは?


デメリット


家族信託を利用して家族に財産を承継すると、メリットだけでなく以下のようなデメリットも生じます。


・代理人にはなれない


家族信託には監護権がないので、子どもが親の代理人になることはできません。


財産を管理する目的でつくられたものなので、老人ホームなどに入居するためのお金は託された財産のなかから支払えますが、契約をすることは不可能な点がデメリットです。


そのため家族信託をおこなうとともに、任意後見契約(後見人を指定)を結んでおくことをオススメします。


・子どもが複数人いる場合はトラブルになる可能性がある


子どもが複数人いて、勝手にそのなかの1人を受託者として指名した場合、ほかの子どもから不平不満がでる恐れがあります。


家族信託で託された財産は、受託者が大きな権限を持つことになるため、家族間で話し合ったうえで決定するようにしましょう。


まとめ


財産を管理運用処分できる権利である家族信託をテーマに、家族信託とはどんな制度なのか、メリット・デメリットを含め見ていきました。


家族信託の利用を開始する理由はさまざまですが、その多くが親の高齢化によるものです。


認知症になる前に手続きを開始することが大切なので、早めの準備が得策といえます。


私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|エンディングノートってなに?遺言書との違いとは?   記事一覧   Souple 天満橋 ランチ|次へ ≫

トップへ戻る