大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税の申告がインターネットでできる!便利な電子申告とは?

相続税の申告がインターネットでできる!便利な電子申告とは?

≪ 前へ|相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット   記事一覧   DOJIMA CAFE 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

親の財産を相続する際の相続税の申告は、相続人全員に印鑑を押してもらった申告書と、必要書類をそろえて税務署に提出するのが一般的です。

 

相続人が遠方にいる場合は、郵送で何度もやりとりをする必要があり、時間と手間がかかるため、スムーズに進まないケースもあります。

 

しかしインターネット上で、税金に関して提出する書類の作成や、納税の手続きができるシステムを使って、相続税を申告できるようになりました。

 

そこで今回は、相続税の申告をする予定がある方へ向けて、国税庁が運営するシステム「e-Tax」を使った電子申告についてご紹介します。

 

相続税を電子申告する際に準備するものと使い方とは?

 

相続税の申告がインターネットでできる!便利な電子申告とは?

 

電子申告とは、自宅からインターネットを利用して、さまざまな申告や申請の手続きが電子的におこなえるシステムのことをいいます。

 

「e-Tax」とは、国税電子申告・納税システムの愛称で、国税庁が運営するオンラインサービスです。

 

このシステムを使えば、相続税を電子的に申告できますよ。

 

では、電子申告をするために準備しなければいけないことと、使い方をご説明します。

 

<準備することとは>

 

・e-Taxを利用できる環境かどうかを確認する

・電子証明書を取得する

・開始届出書を提出する

 

まずはインターネットを使える環境を整えなければいけません。

 

Windows OSにしか対応していないので注意してくださいね。

 

環境が整ったら、電子証明書を取得し、「電子申告・納税等開始届出書」を税務署に提出します。

 

受理されれば「利用者識別番号」が発行され、電子申告ができるようになります。

 

<使い方とは>

 

・相続人の代表者が申告書を作成

・ほかの相続人と共有

・各自がデータに電子署名

・書類を添付してシステムへ送信

 

まず代表者が作成した申告書を、相続人同士で共有します。

 

メールで送信したものをe-Taxに取り込めば共有できますよ。

 

印鑑の代わりに、インターネット上でデータに電子署名をし、必要な書類と一緒に送信して申告します。

 

そのあと相続人がそれぞれ納税すれば、相続税の手続きは完了です。

 

インターネットで簡単に!相続税を電子申告するメリットとは?

 

インターネット上での手続きとあって、複雑に感じる方も多いかと思いますが、電子申告には次のようなメリットがありますので、ぜひ検討してみてください。

 

<メリットとは?>

 

・確認書類を省略できる

・印鑑を押してもらう手間が省ける

・時間や場所を気にする必要がない

・データとして保存できる

 

本人確認のための書類は提出しなくても良いので、書類をそろえる手間や時間の省略になります。

 

また従来のように、申告書に印鑑を押してもらうためのやりとりは必要ありません。

 

提出する場合も、税務署の受付時間や混雑時の待ち時間を気にせず、いつでもどこでも手続きできる点も大きなメリットです。

 

さらに、申告書や書類はデータとして残るので、「保管していた書類を紛失してしまった」といった心配もありませんよ。

 

【インターネットで簡単に!相続税を電子申告するメリットとは?】

 

まとめ

 

今回は、相続税の電子申告についてご説明しました。

 

e-Taxを利用できる環境を整えれば、すぐに利用でき、インターネット上で手続きが完了するのでとても便利ですよ。

 

相続税の申告をする予定の方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。

 

ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
≪ 前へ|相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット   記事一覧   DOJIMA CAFE 北新地 ランチ|次へ ≫

トップへ戻る