大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット

相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット

≪ 前へ|相続の遺言書は勝手に開封してはダメ?正しい開封方法を知ろう   記事一覧   相続税の申告がインターネットでできる!便利な電子申告とは?|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

今回は限定承認と相続放棄がどのようなものかご説明していきます。

 

それぞれの違いとメリット・デメリットについても確認していきましょう。

 

相続における限定承認と相続放棄の違いとは

 

相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット

 

はじめに限定承認と相続放棄の違いについて、みていきます。

 

まず限定承認とは遺産を相続するときに、相続する財産を限度として相続する手続きのことです。

 

財産も借金もすべて無条件に承認する「単純承認」とは異なり、手続き終了後に負債がみつかっても、相続した遺産以上に支払う必要がありません。

 

ただし限定承認をする場合はいくつかの条件に当てはまっている必要があり、相続開始を知った日から3カ月以内に書類提出などが必要になります。

 

次に相続放棄は、すべての財産や借金を放棄して受け取らない手続きのことです。

 

こちらも相続開始を知った日から3カ月以内に手続きが必要なので注意しましょう。

 

手続き上の違いは限定承認の場合、相続人全員でおこなう必要がありますが、相続放棄の場合、放棄を望む相続人が単独でおこなえる点です。

 

また限定承認は、借金の額は不明だが資産を受け継ぎたいときや、特定の遺産を受け継ぎたい場合に向いています。

 

相続放棄は資産や負債がわからず相続の意思がない場合や、相続人同士の仲がよくない場合に適しているでしょう。

 

相続における限定承認と相続放棄それぞれのメリット・デメリット

 

次にそれぞれのメリットとデメリットをみていきます。

 

まず限定承認のメリットは、相続財産を超える額の借金を受けつがなくてすむ点です。

 

それにより相続人は自己の財産を保護できます。

 

また「先買権」という制度が利用できる点もあります。

 

これは特定の遺産を取得したい場合に鑑定人の評価額を支払えれば、この遺産を取得できるというものです。

 

デメリットとしては、手続きの複雑さがあります。

 

相続人全員での手続きが必要であり、のちに清算手続きなども必要です。

 

また相続財産の時価による譲渡とみなされるため、含み益は譲渡所得として課税になります。

 

被相続人の準確定申告が必要になるケースもあるでしょう。

 

次に相続放棄のメリットです。

 

まず借金の相続を拒絶できますので、自分の財産を守れます。

 

また放棄したい相続人が単独で手続きでき、相続手続きのほうは一切おこなう必要がありません。

 

デメリットは、もし残したい財産がある場合にも残せない点です。

 

また未成年者と親権者とで異なる選択をする場合には、未成年者のための特別代理人の選任が必要になります。

 

【相続における限定承認と相続放棄それぞれのメリット・デメリット】

 

まとめ

 

限定承認は便利ですが手続きが難しいことや、相続放棄とは異なることがわかりました。

 

状況によってどのように対応すべきか、検討していきましょう。

 

困ってしまう場合には、弁護士などの専門家に相談をするのもおすすめです。

 

収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。

 

なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
≪ 前へ|相続の遺言書は勝手に開封してはダメ?正しい開封方法を知ろう   記事一覧   相続税の申告がインターネットでできる!便利な電子申告とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る