大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続の遺言書は勝手に開封してはダメ?正しい開封方法を知ろう

相続の遺言書は勝手に開封してはダメ?正しい開封方法を知ろう

≪ 前へ|TAKENAKA 北新地 ランチ   記事一覧   相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

遺言書は、不動産の相続手続きを円滑におこなうための書面ですが、勝手に開封すると罰則があることをご存じですか?

 

遺品整理をしているときに見つけることも多いと思いますが、その際は正しい方法で開けなければなりません。

 

今回は遺言書を勝手に開けてしまったときの罰則と、正しい開封方法をご紹介します。

 

不動産相続を控えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

相続に関わる遺言書を勝手に開封したときの罰則とは

 

相続の遺言書は勝手に開封してはダメ?正しい開封方法を知ろう

 

相続に関わる遺言書を見つけ、なにも考えずに開封すると、罰則として5万円以下の過料(罰金)が課せられるかもしれません。

 

遺言書は「家庭裁判所にて相続人の立ち合いのもと開ける」という法律があり、勝手に開封すると法律違反になってしまうからです。

 

見つけた人が自由に開封できてしまったら、遺言内容の改ざんも差し替えも自由にできてしまいますよね。

 

ドラマなどでよく目にする「発見してすぐに開けるシーン」は、実は罰則の対象となる行為なのです。

 

そのため遺言書を発見したら、速やかに全員に知らせ、家庭裁判所で手続きをおこなってください。

 

家庭裁判所を通して、正しく開封しなければならないという決まりは、遺言者の遺志を継ぐための法律ともいえるでしょう。

 

円滑な遺産相続をおこなおう!遺言書の正しい開封方法

 

遺言書を見つけた場合、「相続人立ち合いのものと、家庭裁判所で開封する」ということが法律で決まっています。

 

この方法を「検認」と呼び、書かれている内容や状態、日付、押印の有無、形状などを明確にし、改ざんを防ぐための手続きをしますが、遺言の有効や無効を判断する手続きではありません。

 

封がしてある遺言書はもちろん、メモ書きであっても検認手続きをおこなってください。

 

遺言書が見つかり家庭裁判所に検認の手続きを申し出ると、全員に立ち会うよう通知が出されます。

 

遠方に住んでいてどうしても立ち会いが無理な場合は、参加できる人に任せることも可能なので、不参加でも大丈夫です。

 

また万が一検認手続きをせずに開けてしまっても、遺言書の効力や相続人の権利は消失しません。

 

改ざんや差し替えをおこなうと、相続人としての立場を失ってしまうので注意しましょう。

 

【円滑な遺産相続をおこなおう!遺言書の正しい開封方法】

 

まとめ

 

この記事では遺言書の開封における、罰則と正しい開封方法をご紹介しました。

 

「思いがけないところから見つかり、慌てて開けてしまった」というケースも実は少なくありません。

 

亡くなった方の遺志を尊重するために、正しい方法で開け、円滑な遺産相続をおこなってください。

 

フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。

 

ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
≪ 前へ|TAKENAKA 北新地 ランチ   記事一覧   相続における限定承認と相続放棄の違いとそれぞれのメリットデメリット|次へ ≫

トップへ戻る