大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続関係説明図とはどのようなときに必要?簡単な書き方をご紹介!

相続関係説明図とはどのようなときに必要?簡単な書き方をご紹介!

≪ 前へ|雅しゅとうとう 北新地 ランチ   記事一覧   海外にある資産を相続するには?手続きや相続税はどうなる?|次へ ≫

相続では血のつながりが重視されますが、親族のどこまでに相続権があるのか相続人が何人いるのか、一度整理する必要があります。

 

相続の手続きの際には、被相続人との関係性が明確になる相続関係説明図があれば便利です。

 

今回は、相続関係説明図とはどのようなときに必要になるのか、簡単な書き方をお伝えします。

 

相続関係説明図とは?必要になるのはどんなケース?

 

相続関係説明図とはどのようなときに必要?簡単な書き方をご紹介!

 

相続関係説明図とは家系図のようなイメージで、死亡した被相続人に対してすべての相続人を図にまとめたものです。

 

戸籍謄本をすべて取り寄せれば相続人の把握はできますが、家系図として一覧にまとめておくことで遺産分割などさまざまなシーンで役に立ちます。

 

相続関係説明図は、相続登記のときにも必要になります。

 

相続登記とは不動産の所有者が死亡した場合に、相続した人に名義変更することです。

 

相続登記することで不動産を売却したり、不動産を担保に融資を受けることができます。

 

相続関係説明図の提出は必須ではありませんが、法務局で相続関係を証明するのに使用できます。

 

一人一人の戸籍謄本のコピーを持参するより効率的ですね。

 

そのほか、預貯金の解約や払い戻しの際も相続関係説明図が求められることもあります。

 

弁護士や司法書士などの専門家に相談する際にも相続関係説明図があれば、状況を整理しやすくなります。

 

だれでも簡単に書ける?相続関係説明図の書き方とは?

 

次に、相続関係説明図の簡単な書き方をご紹介します。

 

相続が開始されたら、まず相続関係説明図を作成して相続人の関係性を明らかにする必要があります。

 

相続関係説明図、つまり家系図ですが親族とあまり付き合いがない場合やご自身の家系について詳しくない方は書くのは難しいと感じるかもしれません。

 

しかし相続関係説明図は、手元に必要な書類を取り寄せれば簡単に書くことができます。

 

必要な書類とは、被相続人の連続戸籍と相続人の戸籍謄本です。

 

亡くなった方の戸籍謄本を見てはじめて離婚歴などが判明するケースもあるので、生まれてから亡くなるまでの連続戸籍が必要です。

 

被相続人は氏名、出生と死亡の日時、最後の住所、相続人のほうは、氏名と出生日と現在の住所を記入します。

 

これらのデータを正式に把握するために、戸籍謄本が必要になります。

 

必要なデータがそろったら、次は相続人同士の関係性を図式化します。

 

配偶者なのか親子関係なのかを図で表す場合は、夫婦の場合は二重線で記載しその子どもは二重線の間から伸ばした線に記載します。

 

一般的な家系図と同じイメージですね。

 

また相続関係説明図の書き方は、法的に厳密な決まりがあるわけではありません。

 

相続関係説明図のテンプレートなどが公開されているサイトもあるので、上手に利用すると便利です。

 

【だれでも簡単に書ける?相続関係説明図の書き方とは?】

 

まとめ

 

今回は、相続関係説明図とはどのようなときに必要になるのかと簡単な書き方をお伝えしました。

 

相続関係説明図は相続手続きにおけるさまざまなシーンで役に立つ家系図です。

 

すべての相続人が分かった時点で、相続関係説明図の作成をはじめましょう。

 

私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。

 

不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|雅しゅとうとう 北新地 ランチ   記事一覧   海外にある資産を相続するには?手続きや相続税はどうなる?|次へ ≫

トップへ戻る