大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税還付とは?返金を受けられるケースや手続きも!

相続税還付とは?返金を受けられるケースや手続きも!

≪ 前へ|死亡届の提出先や期限や同時にする手続きとは?   記事一覧   相続で所有する遊休不動産とは?自己利用か有効活用か|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

相続税還付を受ければ、払いすぎた税金が返ってくる可能性があります。

 

きちんと計算し直すと、納税しすぎているケースが意外にあるようなので、もしかすると驚くような還付額になるかもしれません。

 

相続税還付とはどんな内容で、返金を受けられるケースと手続きについてもみていきましょう。

 

税金を返金してもらえる相続税還付とは?

 

相続税還付とは?返金を受けられるケースや手続きも!

 

相続税還付とは、納税を終えた相続税を、国から返金してもらえる制度です。

 

払いすぎた税金があれば、「更正の請求」という手続きによって、過払い金を返してもらえます。

 

還付金は申請額と適正額の差によってさまざまですが、金額によっては、数千万円単位の返金もあるようです。

 

相続税の申告額の計算は素人では難しく、多くのケースで、自分で申告書を作成したときに、金額の誤りが発生しています。

 

税理士が作成した場合でも、相続に不慣れであれば、間違う可能性があるのも特徴です。

 

心当たりがあるなら、計算し直してみたり、専門家に相談してみたりしましょう。

 

ある税理士事務所では、相談者の約7割に税額の減額や還付が発生しているそうです。

 

相続税還付で返金を受けられるケースと手続き方法

 

相続税還付の起こりやすいケースには、次の二つの背景があります。

 

・相続に土地がある

・税理士が相続に不慣れ

 

土地の評価は複雑で、同じものが存在しないことに加え、法律や利権もかかわってくるので、かなりの専門性を要します。

 

土地の評価の減額要素にはさまざまなパターンがあり、一つでも見落とすと、税額に大きな差がでるのが特徴です。

 

また、多くの税理士は相続税に慣れておらず、不動産にも弱い傾向があるので、専門家へ依頼しても申告額を間違える可能性があります。

 

依頼する税理士の専門分野の見極めが、重要なポイントになるでしょう。

 

安心して依頼できる税理士や事務所は、年間100件程度の実績が目安です。

 

さらに、税務署は納税者の申告が正しいことを前提として手続きをするので、納めすぎていても教えてくれるとは限らないので注意しましょう。

 

相続税還付は5年10ヵ月以内であれば申請できるので、期限を確認して、「更正の請求」を最初に申告した税務署で手続きしてくださいね。

 

【相続税還付で返金を受けられるケースと手続き方法】

 

まとめ

 

相続税還付を申請すれば、納めすぎた税金が返ってくるかもしれません。

 

自己申告や相続に不慣れな税理士に依頼して、税金を納めたのであれば、期限をチェックして金額を確認しましょう。

 

ポイントは、相続税を専門分野にしている税理士への依頼ですよ!

 

フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。

 

ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
≪ 前へ|死亡届の提出先や期限や同時にする手続きとは?   記事一覧   相続で所有する遊休不動産とは?自己利用か有効活用か|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る