大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続で所有する遊休不動産とは?自己利用か有効活用か

相続で所有する遊休不動産とは?自己利用か有効活用か

≪ 前へ|相続税還付とは?返金を受けられるケースや手続きも!   記事一覧   つるとんたん 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

相続した遊休不動産の対処に困らないよう、事前に知識を備えておきましょう。

 

不動産の維持にはコストがかかるので、利用や活用の手段を知って、家計に負担がかからないようにするのがおすすめです。

 

遊休不動産の自己利用とは?有効活用とは?ついてみていきます!

 

相続における遊休不動産の自己利用とは

 

相続で所有する遊休不動産とは?自己利用か有効活用か

 

相続における遊休不動産の自己利用とは自分や家族が使う方法です。

 

畑や子どもの遊び場など、生活スペースとして利用できるので、収入に余裕があれば、ライフスタイルを拡充できるのでおすすめです。

 

畑直送の野菜を使ってバーベキューなども楽しそうですし、身近なキャンプ場として活用するのもいいでしょう。

 

一方で、自己利用では、収入の発生しない点がデメリットです。

 

そのため、毎年かかる固定資産税など、保有するための費用を支払う必要があり、維持コストが負担になるかもしれません。

 

自己利用できないほどの遊休不動産を相続する場合も同様で、一時的に保有費用を捻出できても、不動産をもて余すのであれば、将来的に活用や売却を考えておくのが大切です。

 

相続する遊休不動産の範囲と維持コストを検討し、自分にとってメリットがあるのなら自己利用してくださいね。

 

相続における遊休不動産の有効活用とは

 

相続における遊休不動産の有効活用とは、家賃などの収入を得る不動産運用です。

 

運用では、何を建ててどのように経営していくかを、選択・計画する必要があります。

 

遊休不動産の立地によるニーズなどをしっかり調査して、以下のような活用を検討しましょう。

 

・戸建て、アパートなどの賃貸

・貸店舗や貸事務所などの賃貸

・介護施設

・宿泊施設

・シェアスペースやシェアオフィス

・コインパーキング

 

実際の活用手法については、さまざまなリスクを検討し、自分に適した方法を選択してくださいね。

 

たとえば、近年主流の事業委託方式であれば、ノウハウがなくても、ディベロッパーに報酬を支払うだけで活用してくれます。

 

信託銀行に所有権を移し、収益の配当を受ける、土地信託方式などもありますよ。

 

ほかにも、不動産活用には等価交換方式や定期借地権方式など、多様な種類があるので、活用前に調べておきましょう。

 

【相続における遊休不動産の有効活用とは】

 

まとめ

 

遊休不動産を相続したら、自己利用するのか有効活用するのか、あらかじめ検討しておきましょう。

 

不動産の所有には保有コストがかかるので、収入を発生させる活用はおすすめです。

 

専門性が高い分野になるので、まずは信頼できる不動産業者に相談するなどしてくださいね!

 

収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。

 

なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
≪ 前へ|相続税還付とは?返金を受けられるケースや手続きも!   記事一覧   つるとんたん 北新地 ランチ|次へ ≫

トップへ戻る