大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 遺言書は複数作成できる?何通も見つかった場合の対処法

遺言書は複数作成できる?何通も見つかった場合の対処法

≪ 前へ|飼い主が亡くなったらペットはどうなる?相続財産で遺産は遺せる?   記事一覧   焼肉 丑乃匠 福島 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

遺言書は複数作成できる?何通も見つかった場合の対処法

自らの死後のため、生前に残す「遺言書」は複数作成できるのでしょうか。
実際に、相続時に複数の遺言書が出てくるケースもありますが、その場合はどのような判断が適切でしょうか。
今回は、相続の際に気になる遺言書の疑問について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続について書く「遺言書」は複数作成できるのか?

遺言には、法的に効力が生じる事項として、遺産の分割方法や遺言執行者の指定など「相続に関連する事項」、相続人以外の人への財産の遺贈など「相続財産の処分に関する事項」、そして未成年者の後見人の指定など「身分に関すること」が記載できます。
そのほか、書き方などについても法律で規定されていますが、実は、遺言書を1通しか書いてはいけないというルールはありません。
そのため、書いておきたい内容が変わるたびに、遺言者は書き直すことも可能ですので、複数の遺言書を残すこともできます。
次は、実際に複数の遺言書が見つかった場合、どのように有効なものを判断するかを見ていきましょう。

もしも相続時に「遺言書」が複数見つかったらどうなる?

遺言書は何通でも作成できるために、相続時に複数見つかったというケースもあります。
複数見つかったときは、まず日付を確認しましょう。
日付のあるもので、最も新しいものが法的に有効とされます。
日付がなければ、その遺言書は無効となります。
そして、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」が見つかった場合も、同様に日付で優先する方が決まります。
「自筆証書遺言」は、遺言者が日付、氏名と全文を自書して捺印したものです。
2019年1月13日以降に作成した「自筆証書遺言」には、自書していないページのすべてに署名と捺印し、PCなどでつくった財産目録や通帳の写しの添付も可能となっております。
「公正証書遺言」は、遺言者の指示のもと公証人が書いた遺言書に対し、遺言者、公証人と証人2名以上が、内容を承認して署名、捺印したものです。
公正証書遺言は、自筆証書遺言よりも厳しい手続きにより作成された公的な書類といえます。
自筆証書遺言と公正証書遺言があると、公正証書遺言のほうが優先されそうなイメージですが、実際は日付が新しい遺言書が有効になります。
そのため、自筆証書遺言のほうが最新の日付で、不備などもなければ、自筆証書遺言が優先されます。

もしも相続時に「遺言書」が複数見つかったらどうなる?

必見|不動産用語集

まとめ

自筆証書遺言も、公正証書遺言も効力は同じです。
しかし、自筆証書遺言は遺言者が気持ちを書くことを優先して、不備があるケースも見られます。
複数の遺言書が見つかった場合は、ぜひスムーズな相続のためにも、適切な判断で有効なものを見分けてください。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。
これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|飼い主が亡くなったらペットはどうなる?相続財産で遺産は遺せる?   記事一覧   焼肉 丑乃匠 福島 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る