大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税の申告や納税が期限を過ぎたらどうなる!?加算税について解説

相続税の申告や納税が期限を過ぎたらどうなる!?加算税について解説

≪ 前へ|エルトロ神戸 北新地 ランチ   記事一覧   飼い主が亡くなったらペットはどうなる?相続財産で遺産は遺せる?|次へ ≫
カテゴリ:不動産再生・有効活用

相続税の申告や納税が期限を過ぎたらどうなる!?加算税について解説

亡くなられた被相続人の遺産を相続や遺言で受け継ぐことになったとき、遺産総額が基礎控除額を超える大きい金額の場合に課税されるのが「相続税」です。
相続税には申告と納税の期限があり、申告自体が遅れたり、誤って少なく申告したりするとペナルティーが課されます。
今回は事前に知っておきたい2つの加算税や延滞税について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続税の納税期限を過ぎて申告したときのペナルティー「無申告加算税」

土地や建物の不動産も相続税の課税対象です。
評価額が高く支払いが困難な場合は、銀行で借り入れたり、相続人が自分の財産で支払ったり、不動産を売却して支払うケースもあります。
相続税は、「被相続人の死亡を知った日の翌日から10カ月以内に申告と納税をしなければならない」という期限が設けられています。
この期限から2週間が過ぎても申告をしなかった場合に課せられるペナルティーが「無申告加算税」です。
税務調査が事前通知され、税務調査による間違いが指摘される「更正等の予知」までに申告すると、税金の50万円以下の部分には10%、50万円を超える部分には15%が課税されます。
また、更正等の予知以降の申告となると、税金の50万円以下の部分でも15%、50万円を超える部分の課税は20%です。
さらに、期間が過ぎ税務署の調査事前通知がくるまでに、みずから申告した場合でも納税額の5%が課税されます。
しかし、万一10カ月を過ぎてしまった場合でも、猶予期間とされる申告期限から2週間以内に申告すれば、無申告加算税はかかりません。
無申告加算税が課せられた際は、同時に延滞税の支払いも発生し、延滞が2カ月以内なら2.9%、3カ月以降は年9.2%の支払いが必要になります。
また、5年以内に無申告加算税、重加算税を繰り返し受けた場合は、10%の加重措置もありますので、注意しましょう。

相続税の納税期限内に申告しても注意!誤って少なく申告したときの「過少申告加算税」

申告が期限内にできていても、申告した相続税を誤って少なく申告してしまった場合、「過少申告加算税」の対象となり得ます。
税務調査の事前通知後から更正等の予知までは、足りない税金のうち50万円以下の部分に5%、50万円を超える部分に10%が課税されます。
更正等の予知以降の課税は、足りない税金のうち50万円以下の部分に10%、50万円を超える部分に15%のとなっております。
こちらも税務署の通知前に、自主的に修正の申告をすれば課されません。

相続税の納税期限内に申告しても注意!誤って少なく申告したときの「過少申告加算税」

要チェック|不動産有効活用

まとめ

相続税の申告と納税の期限や、過少申告加算税など2つの加算税について解説しました。
故人の葬儀や納骨などはもちろん、遺産分割の協議や名義変更など、10カ月の期限はあわただしく過ぎます。
ペナルティーを課せられないためにも、申告や納税などは早めにおこないたいですね。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|エルトロ神戸 北新地 ランチ   記事一覧   飼い主が亡くなったらペットはどうなる?相続財産で遺産は遺せる?|次へ ≫

トップへ戻る