大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続を放棄しても「生命保険」を受け取れる?条件や注意点をチェックしよう!

相続を放棄しても「生命保険」を受け取れる?条件や注意点をチェックしよう!

≪ 前へ|天ぷら海鮮米福 西梅田 ランチ   記事一覧   財産目録とは?財産整理の仕方や書き方などをご紹介 |次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続を放棄しても「生命保険」を受け取れる?条件や注意点をチェックしよう!

遺産相続は揉めることも多く、場合によっては協議が長引く可能性があるため、さまざまな理由で放棄する方がいらっしゃいます。
もし相続を放棄していたとしても、「生命保険」の受取人になっていた場合には、保険金を受け取れるかどうかが気になりますよね。
この記事では、自分が遺産相続を放棄した際に、「生命保険」が受け取れるか否か、条件や注意点についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

遺産相続放棄した際に「生命保険」が受け取れる条件とは?

さまざまな理由で相続を放棄したとしても、「生命保険」は基本的に受け取ることが可能です。
民法では「生命保険」は亡くなった人の財産ではなく、受取人の固有財産と認められており、相続財産ではないと定められています。
したがって、いくら相続放棄をしていたとしても、死亡保険は亡くなった人の財産ではないため、受け取ることが可能となるのです。
ただし、保険金が受け取れるかには条件がありますので、自分が該当するかの確認をおこないましょう。
「生命保険」が受け取れる条件とは、受取人が相続放棄した人と定められている場合で、このケースでは「生命保険」の契約に基づいて保険金が支払われます。
しかし、入院給付金など亡くなった本人が受取人になっている場合や、契約者のみが該当となる解約返戻金などは受け取ることができません。

相続放棄しても「生命保険」は受け取れる!受け取る際の注意点とは?

「生命保険」は相続を放棄したとしても条件次第で受け取ることが可能ですが、保険金を受け取る際には注意点があることを把握しておきましょう。
その注意点とは「相続税がかかる」という問題で、「生命保険」は非課税なので税金がかからないと思われている方が多いですが、実は課税対象です。
税金のなかでも遺産の相続税は、残された遺族の生活を保障するために非課税枠が設けられていますが、もし相続放棄した場合はこの枠が受けられなくなってしまいます。
「生命保険」には「500万円×相続人の人数」の非課税枠があり、これによって税金が大幅に軽減されることとなります。
しかし、相続を放棄した場合は、受け取った保険金全額が課税対象となるため、支払う税金が多額になる可能性があります。
後になって税金の支払いが難しくならないためにも、事前に非課税という注意点があることを認識し、どのくらいの相続税がかかるか確認しておくと安心です。

相続放棄しても「生命保険」は受け取れる!受け取る際の注意点とは?

要チェック|賃貸事業用特集

まとめ

相続を放棄したとしても、条件次第で「生命保険」の死亡保険を受け取ることは可能です。
ただし、放棄した場合は相続税の非課税対象から除外されてしまうため、負担する税金が高くなる可能性があることに注意しておきましょう。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。
不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|天ぷら海鮮米福 西梅田 ランチ   記事一覧   財産目録とは?財産整理の仕方や書き方などをご紹介 |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る