大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税の障害者控除とは?要件や計算の方法を確認しよう

相続税の障害者控除とは?要件や計算の方法を確認しよう

≪ 前へ|宇奈とと 梅田店   記事一覧   アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続税の障害者控除とは?要件や計算の方法を確認しよう

相続人が障害者の場合は、障害者控除によって税額を減らすことができます。
余ったぶんは他の人の税額から差し引くことも可能なので、該当する場合は適用を考えましょう。
今回は障害者控除について、適用を受けられる要件とはなにか、そして計算方法をご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続税では障害者控除を活用しよう!適用を受けられる要件とは?

障害者控除とは、相続税の支払いによって障害者が生活するための資金に影響が出ないように定められた制度です。
要件を満たせば、税額を減らすことができます。
では適用を受けるための要件とは、どのようなものなのでしょうか。

法定相続人である
それ以外の人が遺言などによって遺産を譲り受けても対象外です。

障害者である
「一般障害者」か「特別障害者」の人が対象です。
障害のある人がすべて対象となるわけではありませんので、該当するかをきちんと確認しましょう。

相続財産を取得している
財産を取得していないと適用されません。

日本の国内に住所があり85歳未満である
対象者の今後の暮らしにかかる費用を考慮した制度のため、年齢制限がありますので覚えておきましょう。

相続税の障害者控除がどのくらいかを知るための計算方法とは?

控除の金額は、対象者が満85歳になるまでの年数1年につき、一般障害者の人は10万円、特別障害者の人だと20万円で計算します。
年数の1年未満は切り上げることになっているため、たとえば「42歳6カ月」の人だと「85歳-42歳6カ月=42年6カ月」なので、年数は43年です。
この人が一般障害者だと計算方法は「43年×10万円=430万円」、特別障害者だと「43年×20万円=860万円」です。
もし相続税額よりも控除額のほうが多かった場合は、余った金額を扶養義務者の税額から差し引くことができます。
ですから法定相続人に障害者の方がいる場合は、制度の適用を受けることをおすすめします。
先述したように、適用には障害者の方が遺産を取得していることが要件ですが、金額は決められていないので、1円でも大丈夫です。
手続き方法は、指定の用紙に記入して、必要書類とともに提出します。
なお控除を適用した結果、全員の税額がゼロになる場合は申告する必要はありません。

相続税の障害者控除がどのくらいかを知るための計算方法とは?

要チェック|店舗・物件を売りたい

まとめ

障害者控除は障害者の生活に配慮して定められた制度で、控除額が大きい特徴があります。
余った場合は扶養義務者の税額を減らすこともできますので、きちんと要件を確認して手続きをしましょう。
なお過去にも適用を受けていると、金額に制限があるかもしれませんので、注意が必要です。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|宇奈とと 梅田店   記事一覧   アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る