大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続が発生すると必要になる遺産分割協議書はどうやって作成する?

相続が発生すると必要になる遺産分割協議書はどうやって作成する?

≪ 前へ|アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!   記事一覧   鉄板焼&ワインKAI 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続が発生すると必要になる遺産分割協議書はどうやって作成する?

相続が発生すると、相続人で遺産をどのように分けるかを決める話し合いをします。
遺産分割協議書はその結果をまとめたもので、さまざまな手続きに必要です。
今回は相続が発生した方に向けて、遺産分割協議書はいつから作成するのか、また作成方法についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続手続きに必要な遺産分割協議書はいつから作成すればいいの?

遺産分割協議書は、財産をどのように分けるかについて、相続人で話し合って決めた結果をもとにして作ります。
遺言書のとおりにする場合や、法定相続分で相続する場合には必要ありません。
それ以外では、金融機関や法務局、税務署での手続きなどに使用するため、作成することになります。
相続税が発生する場合は、申告期限が10ヶ月以内のため、間に合うように完成させなくてはいけません。
そうでなければ急ぐことはありませんが、先述したとおり数々の手続きに必要となる書類なので、作成しないと手続きが滞ってしまうでしょう。
また放っておくと、相続人が亡くなって複雑になったり、トラブルが起きたりする可能性もあります。
ですからなるべく早めに相談して内容を決め、作成するように心がけましょう。

相続手続きに必要な遺産分割協議書の作成方法とは?

作成までは、以下のような流れで行います。

●被相続人が亡くなり、相続が発生
●相続人と相続財産を調査する
●遺産分割協議を行う
●遺産分割協議書を作成する


遺産分割協議には、相続人全員が参加しなくてはいけません。
そのため、まず被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本などを調べて、相続人を確定します。
同時に相続財産も調査して、まとめておきましょう。
全員が納得すれば、財産をどのように分けるかは自由です。
均等に分けてもいいですし、不動産をもらう人と現金をもらう人に分けることもできます。
話し合いがまとまったら、インターネットのひな型などを参考にして、遺産分割協議書を作成しましょう。
使用する用紙は決まっていませんので、A4のコピー用紙でも原稿用紙でも大丈夫ですし、手書きでも印字でも構いません。
相続人全員の署名と実印の押印が必要になりますので、遠方に住んでいる方には、郵送などで対応してもらいましょう。

相続手続きに必要な遺産分割協議書の作成方法とは?

必見|不動産有効活用

まとめ

遺産分割協議書の作成は、いつからいつまでと明確に決まっているわけではありません。
ただし早めに作っておいたほうが、トラブルなどの心配がなくなるのでおすすめです。
作成方法に厳密な決まりはないので、見本を参考にして、署名押印などの必要な箇所を確認しながら作るとよいでしょう。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!   記事一覧   鉄板焼&ワインKAI 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る