大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!

アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!

≪ 前へ|相続税の障害者控除とは?要件や計算の方法を確認しよう   記事一覧   相続が発生すると必要になる遺産分割協議書はどうやって作成する?|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

アパートやマンションを相続したら節税のために法人化を考えよう!

相続でアパートなどを得た場合、家賃によって不動産所得が発生して、税金の負担が増えてしまう可能性があります。
ですから税金対策のために、法人化を考えることがおすすめです。
今回はアパートやマンションを相続した方に向けて、法人化するメリットとデメリットについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

アパートやマンションを相続した場合に法人化するメリットとは?

賃貸物件を受け継いだ場合の法人化とは、家賃による収入を法人と個人とで分けるために会社を作ることです。
家賃収入が物件の持ち主だけに集中しないため、節税効果が期待できます。
会社は大きく分けると2種類です。

不動産管理会社
会社が物件を管理して管理料を受け取る方式と、物件を借り上げてオーナーに賃料を支払う方式に分かれます。

不動産保有会社
物件の所有者を法人にして、オーナーは会社から地代をもらいます。
どちらも大きなメリットは、法人を通して収入を家族に分けられるため、税の負担を軽減できることです。
不動産保有会社のほうが家賃をすべて分散できるため、効果が大きいでしょう。
また役員が法人から給与を受け取った場合には、給与所得控除が受けられることもメリットです。

アパートやマンションを相続した場合に法人化するとデメリットはある?

法人化をするデメリットは、会社の設立に費用がかかることです。
だいたい20~30万円が必要になると言われています。
そして赤字でも毎年7万円ほどの法人住民税がかかるほか、申告するための税理士報酬も必要です。
また不動産保有会社にする場合は、建物の所有権移転をすることになるため、登記費用や不動産取得税がかかります。
家賃収入を分散する効果は大きいですが、所有権移転が必要なこともあり、難易度は高いでしょう。
ただ不動産管理会社だと、法人が受け取る管理料や手数料しか分けられないため、規模によっては節税効果があまり期待できないかもしれません。
ですから法人化をするときは、ご自分の所有する物件などに合わせて考えるようにしましょう。

アパートやマンションを相続した場合に法人化するとデメリットはある?

おすすめ|任意売却

まとめ

アパートなどの賃貸物件を相続すると、家賃収入は増えますが、そのぶん税金もかかります。
賃貸の収入はあまりなくても、給与所得が高いと所得税率が高くなるため、考えている以上に高額な税金が発生する可能性があるかもしれません。
法人化すると収入を家族に分散できるため、税の負担を減らすことができます。
その際は専門家にしっかりと相談をして、先のことまで考えながら検討するようにしましょう。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続税の障害者控除とは?要件や計算の方法を確認しよう   記事一覧   相続が発生すると必要になる遺産分割協議書はどうやって作成する?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る