大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続を放棄したい場合に必要な相続放棄申述書とは?書き方や回答書とは?

相続を放棄したい場合に必要な相続放棄申述書とは?書き方や回答書とは?

≪ 前へ|ottonove 北新地 ランチ   記事一覧   相続人代表者とは?相続人代表者指定届って何?無視したらどうなる?|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続を放棄したい場合に必要な相続放棄申述書とは?書き方や回答書とは?

さまざまな理由で亡くなった人の遺産を相続したくない場合は、相続自体を放棄できます。
相続放棄とは、相続する権利を放棄すると宣言するだけではなく、裁判所に申請し、認めてもらう必要があります。
今回は、相続放棄に関する「相続放棄申述書」や「回答書」とは何かについてご紹介します。
またそれぞれの書き方についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続を放棄するための相続放棄申述書とはなにか?書き方とは?

遺産の相続を放棄したい場合の大まかな流れとは、「相続放棄申述書」を裁判所に提出し、後日「相続放棄の照会書」という書類が裁判所から送られてきます。
「相続放棄の照会書」で内容に対する「回答書」と作成し提出します。
「相続放棄申述書」とは、相続を放棄する人の基本的な情報として名前や住所を記入、押印し、また亡くなった人との続柄や遺産の内容、放棄したい理由を提出します。
相続放棄には期限が決まっていて、相続の権利が発生してから3ヵ月以内と短いので注意が必要です。
「相続放棄申述書」は、裁判所に直接足を運んで書類をもらうか、裁判所のホームページから書式をダウンロードするかのどちらかで入手できます。
相続放棄する人のことを書面では「申述人」と呼びます。
書き方は、基本的にはフォーマットに沿って記入し、相続放棄を申請する相続人について、また被相続人と関係性を表す続柄を記入します。
亡くなった被相続人についての項目もあり、本籍や死亡年月日、最後に住民登録していた住所などを記載します。
「相続の開始を知った日」について、同居している場合にはすぐにわかるので、死亡日と同じ日です。
しかし離れて居住していたために、実際に死亡について知った日が死亡日と異なる場合があります。
申述人を基準として、被相続人が亡くなったことを初めて知った日を書いてください。
「相続の開始を知った日」が相続の権利が発生した日になるので重要です。
つまり相続放棄する場合には、相続の開始を知った日から3ヵ月以内の期限と関係するので注意してください。
「放棄の理由」は、5項目の中からもっと近い理由を選ぶか、その他を選択して具体的な理由を記入します。

相続放棄をするための相続放棄申述書提出後の「回答書」とは?

「相続放棄申述書」の提出後に、「相続放棄の照会書」と呼ばれる書類が裁判所から届きます。
照会書には、申請した内容に対しての質問が記載されているので、質問に対しての「回答書」を作成して提出します。
「回答書」を提出しなければ、相続放棄の手続きは終わりませんので注意してください。
主な項目は、4つです。

●相続を開始した日
●相続する内容について理解しているか
●被相続人との関わりについて
●相続放棄の意思は真意であるか


回答書の書き方のポイントは、質問対してなるべく具体的に書くのがポイントです。
回答書を提出すると後日、裁判所から相続放棄が認められ、手続きが完了した内容の通知書が届きます。

相続放棄をするための相続放棄申述書提出後の「回答書」とは?

必見|任意売却

まとめ

今回は、相続放棄したい場合に必要な相続放棄申述書や回答書とはなにか、また書き方についてご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ottonove 北新地 ランチ   記事一覧   相続人代表者とは?相続人代表者指定届って何?無視したらどうなる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る