大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続人が海外在住の場合の相続とは?流れや注意点をご紹介

相続人が海外在住の場合の相続とは?流れや注意点をご紹介

≪ 前へ|相続人代表者とは?相続人代表者指定届って何?無視したらどうなる?   記事一覧   大戸屋 ユニバーサルシティ ランチ|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続人が海外在住の場合の相続とは?流れや注意点をご紹介

親や親族がなくなり、その資産を相続する人を「相続人」といいますね。
相続人が海外に在住している場合はどのような手続きの流れになるのでしょうか?
海外に在住しているがゆえの注意点などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続人が海外在住の場合の相続について:流れ

資産がある人が亡くなられた場合、その資産はどのように相続するのでしょうか。
大まかな流れをご紹介します。
遺言書は、亡くなられた人が自分の死後、遺産をどうするのかという内容が記載されています。
遺言書を作成していない場合は、法律によって定められた相続人が話し合って相続します。
この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。
遺産は銀行預金や不動産、株など故人が生前に保有していた資産です。
亡くなられた人の遺産をどう分けるのかについて、相続の権利がある人全員で決定し、全員一致して合意する必要があります。
合意できれば「遺産分割協議書」を作成し、相続人全員の署名と実印の押印します。
その後、協議した内容をもとに遺産を分割する流れとなります。
「遺産分割協議書」は、銀行の預貯金や不動産を相続する際に必要な書類です。
また相続について後日トラブルにならないためにも作成されます。

相続人が海外在住の場合の相続について:注意点

「遺産分割協議」は、相続の権利がある人全員でおこなうため、相続人が海外に在住していても、かならず合意する必要があります。
注意点として、海外に在住している場合、印鑑証明や住民票が取得できません。
そこで、印鑑証明の代わりに「サイン証明書」、住民票の代わりに「在留証明書」を取得する必要があります。
また海外に在住している相続人は、日本国内で納税等の手続きができないので、本人に代わって手続きをおこなう「納税管理人」を選任する必要もあります。
納税管理人が決定したら、届出書を税務署に提出します。
相続人が海外に在住している場合には、さまざまな手続きをなるべく前倒しで行い、余裕をもって行えるようにスケージュール管理に注意が必要です。
理想は、相続人の一時帰国のタイミングに合わせて、手続きができるように書類を事前に準備し、相続人が帰国したら速やかにサインなどの手続きをすることですね。
くれぐれも相続人同士でもめないように、海外に在住していても相続について他の相続人と協力することが大切です。

相続人が海外在住の場合の相続について:注意点

おすすめ|お問い合わせ

まとめ

今回は相続人が海外に在住している場合の相続の流れや注意点についてご紹介しました。
海外に在住している場合には、特別な書類が必要で通常の手続きとは違いますので注意してください。
ぜひ参考にしてみてください。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。
不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続人代表者とは?相続人代表者指定届って何?無視したらどうなる?   記事一覧   大戸屋 ユニバーサルシティ ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る