大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産は借入をして取得した方が相続税対策になる?注意点は?

不動産は借入をして取得した方が相続税対策になる?注意点は?

≪ 前へ|きままや 北新地 ランチ   記事一覧   不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

不動産は借入をして取得した方が相続税対策になる?注意点は?

遺産相続では、相続する財産の価値が高いほど相続税の支払いが大変になります。
子どもや孫などが支払う相続税を少しでも減らしたいときは、借入をして不動産購入をすることが有効です。
今回は不動産相続を検討されている方に向けて、相続税対策として借入をすることによるメリットと注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続税対策には不動産購入は借入をしたほうが良い?メリットは?

まず遺産相続とは、故人が所有していた現金、不動産、株などの財産を相続することです。
そしてこれらの財産を基準に従って評価することで、相続税が課されます。
遺産相続では、プラスの財産だけでなく借金やローンなどのマイナスの財産も相続対象となります。
相続税のための財産の評価には、プラスだけでなくマイナスの部分も考慮されプラスマイナスは相殺されます。
つまり相続税対策は、マイナス部分を上手に増やすことがポイントとなるので借入があることはメリットになります。
不動産の相続税の評価額は、建物と土地の評価額から借入金が差し引かれるので、借入金を利用することで相続税対策になるのです。
さらに相続にはどの種類の財産を残すのかがポイントです。
たとえば不動産ばかりを相続する場合、自分の財産から相続税を捻出しなければいけません。
高額な不動産ばかり相続する場合、相続税がどのくらいかかるのかとても不安ですよね。
そのため相続する子どものためにも、現金をすべて使って不動産を購入するのではなく、借入をして現金を残しておくことも大切です。
借入のメリットは相続税を支払うための現金を残しておけるという点もあるのです。

相続税対策には不動産購入は借入をしたほうが良い?注意点は?

不動産相続には借入にしたほうがメリットはありますが、注意点ももちろんあります。
借入をして相続税の節税をすることに気を取られて、資金計画を度外視して多額の借り入れをしてしまうことです。
相続税対策のために無理な借り入れをして、賃貸経営がうまくいかなくなったり不動産を手放すことになれば本末転倒です。
またローンを支払う人が亡くなった時点で完済される保険に入っている場合は、借入をしていても控除の対象にはなりません。
たとえば住宅ローンの際に加入する団体信用生命保険などですね。

相続税対策には不動産購入は借入をしたほうが良い?注意点は?

必見|不動産有効活用

まとめ

今回は不動産相続を検討されている方に向けて、相続税対策として借入をすることによるメリットと注意点をご紹介しました。
子どもや孫などの次の世代に財産を残すときはその内容によっては相続税の支払いに困ってしまうことが考えられます。
そのため節税対策を検討することに加え納税にも困らないように現金を残しつつ、借り入れをして不動産を取得することにメリットがあります。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|きままや 北新地 ランチ   記事一覧   不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る