大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続の単独承認とは?メリットデメリットをご紹介します

不動産相続の単独承認とは?メリットデメリットをご紹介します

≪ 前へ|きままや 北新地 ランチ   記事一覧   不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?|次へ ≫

不動産相続の単独承認とは?メリットデメリットをご紹介します

不動産などの遺産相続をするとき、単独承認という方法はあることをご存知でしょうか。
今回は不動産相続を検討されている方に向けて、単独承認とは何か、そのメリットデメリットをお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続の方法はいろいろ!単独承認とは?

遺産相続は無条件でただ相続するのではなく、3つの方法から選べます。
3つの方法とは、単独承認、限定承認、相続放棄です。
この記事のテーマである単独承認とは、すべての遺産を引き継ぐことです。
遺産と言っても不動産や貯金など、もらって嬉しいものだけではありません。
遺産相続では権利と義務を引き継ぎますので、故人が借金をしていた場合その借金の返済の義務も相続人のものになります。
限定承認とは、相続する遺産の内容がすぐに把握できない時に選択される方法で、借入などのマイナスを解消して残った部分を相続します。
単独承認と限定承認、比べてみると限定承認のほうがより多くの財産を引き継げる印象がありますが、実態として限定承認はレアケースです。
限定承認は税制面で不利であることや手続きが複雑であることなどが理由です。
最後に相続放棄は文字通り相続を放棄することで、相続放棄をすればプラスの財産もふくめてすべてを放棄する必要があります。

不動産相続で単独承認を選択するメリットデメリット

まずメリットですが、単独承認であれば他の方法とは異なり家庭裁判所などでの特別な手続きが必要ありません。
そのため無駄な手間や時間はかかりません。
手続きが面倒だと感じる方や、遺産の内容がクリアである方にとってはメリットが大きいですね。
次にデメリットですが、どんな遺産があるのか不明確であればマイナスの遺産が多い可能性があります。
プラスの遺産を加味してもマイナスの遺産が多いのであれば相続人が借金を返済しなければいけません。
相続放棄または限定承認は相続開始から3ヶ月以内の手続きが必要ですので、この期間内に判断しましょう。
そのため相続が開始されたら、まずは相続する財産の内容を調査し全貌を把握する必要があります。
特に不動産の場合は、客観的に価値があるものであっても遠方にあったり管理が難しいなど自分にとっては不要であるケースも多いです。

不動産相続で単独承認を選択するメリットデメリット

おすすめ|任意売却

まとめ

今回は不動産相続を検討されている方に向けて、単独承認とは何か、そのメリットデメリットをお伝えしました。
単独承認は相続の方法において一番シンプルな方法ですがメリットデメリットがあります。
単独承認を選ぶときは、マイナスの資産があるかがポイントとなりますので生前から財産について親族間で確認しておくことが大切です。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|きままや 北新地 ランチ   記事一覧   不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る