大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?

不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?

≪ 前へ|不動産相続の単独承認とは?メリットデメリットをご紹介します   記事一覧   不動産は借入をして取得した方が相続税対策になる?注意点は?|次へ ≫

不動産相続をするときに知っておきたい!書面添付制度とは?

不動産を相続して相続税の申告をすると、場合によってはその税額が適正であるか税務調査が実施されます。
相続税を申告する際、書面添付制度を利用すれば税務調査が入ることを防げます。
今回は不動産相続を検討されている方に向けて書面添付制度とは何か、その注意点をお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続をしたときには利用すべき!書面添付制度とは?

書面添付制度とは、相続税の計算に関しての税理士が信頼性のある根拠を示す制度です。
書面添付制度を利用すれば、税務調査を入る可能性がぐっと下がります。
税務調査とは納税者が正しく納税しているのかを国税庁の管轄である組織が確認するものです。
一般的な家庭であれば「税務調査は無縁」と思われる方も多いかもしれませんが、相続税の申告においては約4人から5人に1人が税務調査の対象となっています。
税務調査は不動産などを多く所有する高額納税者だけでなく、申告書類に不備があったり、税理士ではなく自分自身で申告している人も対象になりやすいです。
相続税は法人税や所得税と比較しても税務調査が多く実施されているデータもあります。
また書面添付制度を利用すれば財務調査の前に意見聴取が実施されます。
さらに申告漏れが発覚したときにも、不足分は支払う必要がありますが、申告漏れに対する罰金の支払いは必要ありません。

不動産相続をしたときは書面添付制度を利用しよう!注意点は?

お伝えしたようにメリットの多い書面添付制度ですが、利用には注意点もあります。
まず書面添付制度を利用すると、書類作成にあたり時間と手間が必要になります。
さらに書面を作成する税理士の責任も重くなり、その分報酬も高くなる可能性が高いです。
税理士に支払う報酬は一律ではなくそれぞれ異なるので、事前に確認しておくと安心ですね。
虚偽の内容があった場合、懲戒になるなど書面添付制度は税理士にとってはリスクのあるため、実際には実施していない税理士が多いという実態もあります。
また書面添付制度を利用していても税務調査が入る可能性がゼロになるわけではありません。
書面の内容に税務省側が疑問を持つことがあれば、税務調査が行われることもあり得ます。
信頼性の高い書類の作成が可能となるように税理士としっかりコミュニケーションをとることも大切です。

不動産相続をしたときは書面添付制度を利用しよう!注意点は?

要チェック|リースバックとは?

まとめ

今回は不動産相続を検討されている方に向けて書面添付制度とは何か、その注意点をお伝えしました。
書面添付制度は税務調査が入る可能性を減らす効果があります。
不動産相続で書面添付制度を依頼するときは、経験が豊富な税理士を探すことも重要なポイントです。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続の単独承認とは?メリットデメリットをご紹介します   記事一覧   不動産は借入をして取得した方が相続税対策になる?注意点は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る