大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 遺留分侵害額請求とはなに?相続でトラブルを起こしたくない時に

遺留分侵害額請求とはなに?相続でトラブルを起こしたくない時に

≪ 前へ|相続人の代わりにおこなってくれる遺産整理とは?費用はどれくらいかかる?   記事一覧   法定相続情報証明制度とは?相続手続きを簡単に進めたい人に|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

遺留分侵害額請求とはなに?相続でトラブルを起こしたくない時に

遺留分侵害額請求というのは、相続人が遺留分を侵害されたと感じた時、侵害者へむけて遺留分侵害額というお金を要求することができる制度です。
亡くなった被相続人の遺言や、生前贈与による遺留分の侵害がおこなわれた時に、贈与や遺贈を受け取った人に対して補償を要求することができるので、財産分与を効率的におこなうための制度としても活用されています。
遺留分侵害請求を行った時のメリットや、おこなう前に知っておいてほしい注意点などを紹介していきますね。

弊社へのお問い合わせはこちら

弁護士に遺留分侵害額請求を依頼することのメリットは?

遺留分が侵害されていると感じた時に利用することができる遺留分侵害額請求ですが、請求する相手はほとんどの場合が兄弟や親などの近しい親族同士であることから、自分たちだけで進めてしまうと、感情的な対立が起こってスムーズに手続きを進めることが難しくなってきてしまいます。
そうなった場合、弁護士へ依頼をすれば、第三者の客観的な立場から冷静に判断をすることができるようになっているので、感情の衝突によって起こるトラブルを未然に避けることもできます。
また、遺留分の計算というのは素人だけで行うのは難しく、遺留分侵害額がいくらになるのかの計算もしなければいけないため、間違ってしまうこともあります。
弁護士に依頼することで計算の手間をかけることがないため、金額にも間違いを出したくないという方にも大きなメリットとなります。
遺留分侵害額請求をした時に、もしも調停や訴訟へ発展した場合でも、あらかじめ弁護士へ依頼をしておけば頼ることができるため、裁判所とのやり取りも慌てずに対応することができます。

弁護士に遺留分侵害額請求を依頼する時の注意点について

弁護士に依頼することになると、当然ながら費用がかかってきます。
弁護士の費用は、依頼前に弁護士へ相談するための相談料と、依頼をした当初に支払われる着手金と、遺留分侵害額を得ることができた時の成功報酬金の三つの費用が掛かってきます。
相談料によっては無料相談にして対応してくれている事務所も増えており、成功報酬金は得ることができた遺留分侵害額によっては高額になることがあり、獲得した遺留分侵害額の6%~16%程度の報酬金を支払うことになります。
また、弁護士に依頼をしても、自分の希望通りの支払いが絶対におこなわれるわけではないと事前に把握しておきましょう。
相手に資力がないといった事情によって、やむなく侵害額を減額する場合もあります。

弁護士に遺留分侵害額請求を依頼する時の注意点について

必見|リースバックとは?

まとめ

遺留分侵害額請求を弁護士に依頼する場合には、弁護士選びも大切になっているため、親身に対応してくれる弁護士の方や、依頼の詳細についても確認してから契約を行うようにしましょう。
不動産相続でお悩みの方は、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続人の代わりにおこなってくれる遺産整理とは?費用はどれくらいかかる?   記事一覧   法定相続情報証明制度とは?相続手続きを簡単に進めたい人に|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る