大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 仮想通貨の相続とは?手続きや相続税についてご紹介!

仮想通貨の相続とは?手続きや相続税についてご紹介!

≪ 前へ|相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介   記事一覧   グリーンピース 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

仮想通貨の相続とは?手続きや相続税についてご紹介!

最近の資産の形のひとつに「仮想通貨」があります。
現金ではなくデジタル通貨である仮想通貨の被相続人が亡くなった場合、その後の相続はどのようになるのでしょうか。
今回は相続における「仮想通貨」に注目し、そもそも相続の対象になるのか、なる場合は相続の手続き法や相続税はどうなるのかについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

仮想通貨は相続できる?手続きとは?

仮想通貨も不動産や現金などと同様に、相続の対象となります。
現金と同じように法で定められた相続人に配分し、相続税も支払う必要があります。

仮想通貨を相続する手続きとは?

仮想通貨を相続する手続きは、現金と違って次のような手順を踏まなければなりません。

被相続人が仮想通貨を取引していたかを確認する

仮想通貨の場合、まず、被相続人が取引を行っていたかどうかの確認からはじまります。
被相続人が取引に関する情報を書き留めている場合や家族に伝えている場合は、取引していたことはわかるので次のステップに進みやすいですが、そうでない場合、被相続人のパソコンやスマートフォンをチェックして、仮想通貨を取引の有無や、どこの取引所を利用しているかを調べなければなりません。

取引所に必要書類とともに申請する

仮想通貨の市場は近年急速に拡大したため、手続き方法も統一されていませんでした。
よって、以前に比べると相続の手続きは簡素化されてきていますが、現在も国税庁によって整備を進めている状況です。
現時点での一般的な方法は、取引所のサイトから相続に関する書式をダウンロードし、死亡届などの必要書類を揃えて署名捺印の上、取引所に提出するというやり方です。
取引所によっては事前申請が必要な場合もあるので、各取引所に確認する必要があります。

仮想通貨を相続した場合の相続税は?

仮想通貨はあくまでも通貨であり資産であるので、現金と同様に、相続すれば相続税が発生します。
しかし、仮想通貨は通常の法定通貨とは異なり相場に変動があるので、どの時点の価格を相続税評価額とするのか知っておかなければなりません。
そのタイミングについて国税庁は、仮想通貨交換業者(取引所や販売所)が公表する課税時期における取引価格で評価するとしています。
よって、被相続人が亡くなり、相続が発生した時点での市場価格に基づいて相続税評価額が決まります。

仮想通貨を相続した場合の相続税は?

要チェック|売買居住用物件特集

まとめ

仮想通貨の市場は今なお発展途中であり、相続に関する法の整備も進められている段階です。
最近は一般的にもデジタル署名やデジタル捺印なども急速に普及していますし、仮想通貨の相続に関しても常に最新の情報を入手できるようにしておくと良いでしょう。
仮想通貨を所持されている方は万が一に備えて、取引所名称やパスワードなどの情報を相続人となりうる人にわかるようにしておく工夫も必要かもしれませんね。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介   記事一覧   グリーンピース 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る